忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


これは『事例分析』の一記事ですが、多少のお笑い的な意味があることを御了承いただければ幸いです。

ネタ元は、「ごくせんは不良を讃えるな」 和田秀樹さんがコラムで異論5月24日12時15分配信 J-CASTニュースです。
テレビの娯楽番組に意見を点けているようなのですが、どうも多大な違和感を覚えてしまうのです。何か、今流行のモンスターペアレントの類のような感じさえ します。もちろん(笑)、論が通るところはあるので、多くの方がそうでないと思われると思いますが、、、、。ちょっと読んでみてくだされば幸いです。
PR

ついでにもうひとつトートーメー問題を続けてみます。ネット検索に、東京善センター講座録18、『家』意識と『墓』の継承というタイトルの、花園大学の古橋エツコ氏の講演録がありました。

これは、沖縄の事情を少し述べておりますが、どこから引用してきた結果なのか分りませんけれども、間違ったことを述べています。こういう形でどんどん広まっていくことに危惧を覚えてしまいます。

昔(といってもボクが三十代の頃(笑)ですが)、標題のようなタイトル(昔は女が継いでなぜ悪い!でしたよ(笑)たしか(^^;))が良くみられたものでした。しかし、研究を始めてみますと、そのタイトル自体が誤りであることが分ったのです。

トートーメー問題の講演会の記事がネットに出てきたので、間違いを正しておくこととさせていただきます。

北村邦夫氏の毎日.jpの記事には、続きがあります。ひとつにまとめようかとも思いましたが、読みやすさという点から、ここでも同じように分けてみました。

では、前回同様、宜しくお願いいたします。

韓国における性の現状、それに続いて北村邦夫氏の持論について述べましたが、北村氏の主張に違和感を覚えたついでに、彼の論を少し検討してみようかと思います。これは彼をいじめるとかそういうことではなく、こういう分野に興味のある方々にとって、今後の御参考になればとも思えますので、、、、。

例によって、北村氏の記事を引用し、随時コメントをつけていく形で行いたいともいます。

毎日.jp の記事中に、Dr.北村 只今診察中 第81話 セックス・出産・殺人 誰の責任?というのがありまし た。韓国の問題について述べたついでに、この記事についても考察してみましょう。北村氏の意見は本エッセイの末尾に参考のためにおいておきますけれども、 何か違和感を覚えるのです。

> 「自宅トイレで出産、女児の死体遺棄……横浜の16歳逮捕」と書かれた2005年8月5日付けの新聞記事が目に止まりました。要約すれば、16歳の少女が自宅トイレで出産したが、産声で家族に知られるのを恐れ、女児の口を手でふさいだというのです。

という事件に関してのコメントなんですね。

子供が性的な事件に巻き込まれないように、という配慮の元で、幼児期から性教育が行われる必要があるという主張があります。日本では性教協(”人間と性”教育研究協議会)と 呼ばれる団体がそうですね。良く知られていると思います。わが国では、早期性教育には反対、慎重意見も少なくなく、したがって、これは国策と呼ばれるほど には普及はしていない状態であると考えられるのですけれども、お隣の韓国では、国策となってしまっているようです。それは、性犯罪がわが国よりも十倍以上 も高いという異常な事情によるものであると考えられます。

”特亜を斬る”というdamedakoreaさんのブログでは、韓国のこういった情報が良く掲載されます。最近の一例は、性暴行大国、殺人を奨励?!と いうタイトルの記事です。他の記事も読んでみますと、やはり、子供達を性的な悪環境から守るためという形で、早期性教育が国策的に実施されているようであ り、性文化センターなるものも機能しているようです。しかし、このようなことは、実は性犯罪の助長にしか貢献していないのではないかと思われる節があるの です。このことをまぶい分析学的に考えてみましょう。これは恐ろしいことなのです!。犯罪を予防しているつもりが加担していることに気づいていないので す!。わが国でも他山の石とする必要があると思われます。

2005年1月15日;初出し
2008年(平成20年)5月20日(火):旧ブログより移動
------------------------------------------------------

『反復強迫と甘やかし』というエッセイでの説明からすれば、反 復強迫は次のようにも理解できる現象ではないでしょうか。基本的欲求が、生理的欲求 → 安全欲求 → 所属・愛情欲求 → 承認欲求 →自己実現欲求の経路のように、順次かつ自然に遷移して現れてくれば良いのですが、現実問題の影響は避けることができないものもあるわけで、たとえば、安 全欲求を充足しようとするがそれがかなわない状態であるとき、これを【安全欲求】という形で記号化して表現しましょう。これが越行し代理欲求として承認欲 求が現れる場合を考えてみましょう。

意 思に反した行動を繰り返す病気は、すなわち霊的病気と呼ばれるものの大きなひとつの特徴です。また、獅子に反した行動が現れるということは、精神分析学が いうところの反復強迫ではないだろうかと思われます。この反復強迫が発生するメカニズムについては、いまひとつはっきりしないようです。明快に説明したも のにお目にかかったことがないのです。

ところが、拡張マズロー理論(Extended Maslow's Theory or Maslow-Matayoshi's Theory)によれば、反復強迫は「甘やかし」として理解できるかと思われるのです。それは次のようになります。

2005年1月8日:初出し
2008年(平成20年)5月15日(木):旧ブログより移動
------------------------------------------------------------------
アルコール依存症(以後、アル中と略記する)は、霊的な病気・・・定義で も述べましたように、AA(Alcoholics Anonymous)という米国の自助グループが早くから「霊的な病気」として位置づけたようです。これは、まぶい分析学での定義に従えば、飲みたくない のに飲んでしまわざるを得ないという病気です。つまり、意思と反対の行動が繰り返し現れる・・・ということなんですね。

WHO(世界保健機関)では、既に述べましたように、『霊的な健康』が取り上げられています。WHOが言う『霊的な健康』というのは、

Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity(完全な肉体的、精神的、Spiritual及び社会的福祉のDynamicな状態であり、単に疾病または病弱の存在しないことではな い)

2004年12月30日:初出し
2008年(平成20年)5月15日(木):旧ブログから移動
------------------------------------------------------------------

さて、自分では分からない自分の癖の集合体である無意識あるいは死霊は、どのようにして成り立っているのでしょうか。ここに、人間と他の動物との根源的な違いが見られるように思うのです。それは以下のようになります。

フロイトの精神分析学に『反復強迫』というものがあります。これをまぶい分析学の視点から考えてみることにいたしましょう。

まぶい分析学は、フロイト精神分析学の流れをくむものといえないわけではないですが、分析した結果の扱いが大きく異なっています。フロイト精神分析学です と、分析した結果に基づいて治療を行おうとしますと、それは分析者の裁量に全面的に依存する性質を持っています。言い換えれば、分析結果と治療指針は無関 係、つまり、治療のための方法論などはフロイト精神分析学には存在しないということです。これに対して、まぶい分析学では、分析結果が得られると、それは 同時に治療指針が得られたことを意味します。

2004年8月25日:初出し
2008年(平成20年)5月13日(火):旧ブログより移動
------------------------------------------------------
最近では躾がなされていない子供達が多いような気がします。これは杞憂なのでしょうか。こんなことを言いますと、いつも、年寄りが『今の若い者は!」とこ ぼす愚痴の類となってしまいがちでありますでしょうけれども(笑)。しかし(笑)、実感する場合が多いのでありますから、いたし方がないと・・・(^^;  特に酷いと思われますのは言葉遣いです。躾の問題について考えてみます。まず、Yahoo辞書・大辞泉より、

2004年8月14日:初出し
2008年(平成20年)5月8日:旧ブログより移動
-------------------------------------------------------------
パブロフの犬は、「条件反射」という現象を私達に教えてくれました。犬に食事を与えるとき、いつもベルの音を聞かせるようにすると、その犬は、やがてはベルの音が鳴るだけで涎をたらした(食事を想起した)というもので、ロシアの実験心理学者パブロフが示しました。

2004年8月21日:初出し
2008年(平成20年)5月8日(木):旧ブログより移動
--------------------------------------------------------------------
思春期以降の男女の仲の問題は、必然的に「性的な問題」が関係するのが普通であろう。そして性的な問題には「恥ずかしさ」が伴うのが普通である。

【ひとこと】こんな記事を見ると、日韓友好なんて絵空事のように感じる。李大統領が哀れに思われる。これまでの大統領のように、もうすぐ「反日」に転進す るのだろうか?この韓国世論には過剰の自己中心主義と尊大さが見える。中国の餃子問題やオリンピックが世界に恥をばら撒いているが、根はそれと同じだ。
★天皇陛下と李大統領が握手している写真を見た韓国ネチズン 「日王に頭を下げた。屈辱的だ」

【ひとこと!】同じ新聞からで恐縮。突っ込みどころが多すぎる!何、この赤字部分の大学教授!高慢で一方的で・・・よこせ!の視線が強すぎる!
----------------------------------------------------------------------------

<MB日本訪問>日本、農水産物大幅に開放すればFTA可能


【ひとこと!】赤字部分がある限りうまく行かないと思うが、どうだろう???それを現時点で解決するなら、国際的な視点に任せるしかないと思うが。なぜそれをせずに?問題は韓国の指導層では?
--------------------------------------------------------------------------------------------
【社説】成熟した韓日パートナー関係の道

「中国製品はゴミじゃない!」CNNキャスター発言に、大手メーカーが抗議声明―上海市、と題するなんだかなあ(^^;というニュース、もう多くの方がご存知でしょうけれども、があります。これはYahooのニュースサイトですけど、なんだか反応の仕方が面白い?ので、まぶい分析学の立場からコメントしてみます(^0^)。

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim