忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


中国の天洋食品の毒餃子問題から、中国の嘘吐き体制に興味を持ってしまった。どうしてこのような二枚舌が平気で行えるのか?もはや中国は、礼節や道徳の国ではなくなってしまっている。

マズコミに見る中国のうそを、将来の資料とするため、ここにとっておきたい。


以下は、人民網日文版の記事である。
=========================================
ギョーザ事件、日本側は捜査資料提供に応じず
-----------------------------------------
1月末に日本で発生した冷凍ギョーザ中毒事件が、各界の注目の的となっている。国家質量検査検疫総局と公安部は28日、国務院新聞弁公室で記者会見を開き、調査の最新の進展状況を発表した。

河北省の関連部門は15日、メタミドホスを購入、所持、携帯、持ち出ししようとした日本人記者を摘発した。中国の法律では今年1月から、輸出契約を完了していない工場を除き、メタミドホスの生産、販売、使用、所持、運搬は重大な違法行為となっている。

公安部は20日、調査チームを日本に派遣し、ギョーザ事件について日本の警察当局と話し合いを行った。しかし日本側は、現場と物証、検査結果を調査したいとの中国側の要求に応じず、証拠集めや検査の全面的な状況についての説明も行われなかったという。

公安部刑事捜査局の余新民・副局長は、「事件の真相を突き止めるため、両国の警察当局は協力を強化し、率直に交流する責任がある。各種の可能性について深 く注意深い調査を行わなければならない。真相を明らかにすることは、事件の被害者を安心させることでもあり、幅広い消費者に対する責任でもある」と述べ た。

質検総局の魏副局長は、「日本では最近、食品安全事件が相次いで起こり、中国の食品企業に大きな損失を与えている。しかし調査によると、これらはいずれも民間の検査機関が発表した責任のない検査結果を根拠にしたものや、まったく根も葉もないものであることがわかった」と述べ、日本側に慎重な対応を求めた。

中国政府は以前から食品安全を重視しており、厳格な管理措置を取っている。中国の輸出食品は高い検査合格率を維持している。07年の統計によると、中国の日本向け食品の検査合格率は99.81%で、日本の中国向け食品の合格率99.37%を上回った。

魏副局長は、中日双方ができるだけ早く食品安全関連の長期的で効果のある協力体制を樹立し、人員、情報、技術交流、定例会議制度、重大な食品安全事件、連絡部門の設立などで協力関係を築くことに希望を示した。(編集MA)

人民網日本語版」2008年2月29日
=========================================
赤字で示したところがウソである。

日本側の要求に応じなかったのが中国であることは報道から明らかだ。自分がしなかったことを相手がしなかったということにしている。

日本の調査機関が民間であれなんであれ、いい加減なものと決め付けている。これは中国がそのようであり、日本の実情を知らないのでこうなるのであろう。本当に無責任かつ傲慢、尊大、簡単に言えばアホである。

また、中国が食の暗に重大な関心を示しているというのはウソでないかもしれないが、それ自体が安全を示すのではない。安全でないからこそ関心を示すことになるのである。まるで幼子の主張である。

国が以下に安全基準を厳格なものとしても、また検査を厳格にしても、業務に従事する人間が不安全、無信頼であれば、この様な努力はまるで無意味である。自 分の家で料理が出来なくなったとき、自分達に反感を持っている隣人に料理を頼むだろうか?反日国家に対してこのようなことを依存するのがおかしいのであ る。本当の問題解決は、反日教育をやめ、友好を図ることも基本にしなければ、まるで無意味だ。しかし、自分達さえ良ければすべてよし、という姿勢の人達と お付き合いをするのは・・・疲れる・・・。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim