忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


毎日新聞は、英語版で大変な問題を起こしています(笑)。本当は笑い事ではないのですが・・・対応があまりにもばかげているから笑わざるを得ないという か・・・。それはともかく、イタリアの大聖堂で岐阜女子短大や京都産業大の学生達が訪欧記念の落書きをしたことは皆さん既に御存じだと思います。このこと について考えてみましょう。
PR

どうも、韓国の性に関する事情は、裏社会ではなくて、表社会で『文化』を形成してしまっているようです(^^; 裏社会で形成されるということは『恥ずか しさ』という感情のためであると考えられるのですが、しかし、これが表社会で堂々ととなると、『恥知らず』となってしまっているためだと考えられます。な ぜ恥を感じることができなるかについては、『恥知らず論と恥知らずの文化』のカテゴリーのエッセイも参照してください。

その事例のひとつが、ブログ『特亜を斬る』で紹介された『訳の分らぬ彼らの願望』という記事ではないでしょうか。

これは『事例分析』の一記事ですが、多少のお笑い的な意味があることを御了承いただければ幸いです。

ネタ元は、「ごくせんは不良を讃えるな」 和田秀樹さんがコラムで異論5月24日12時15分配信 J-CASTニュースです。
テレビの娯楽番組に意見を点けているようなのですが、どうも多大な違和感を覚えてしまうのです。何か、今流行のモンスターペアレントの類のような感じさえ します。もちろん(笑)、論が通るところはあるので、多くの方がそうでないと思われると思いますが、、、、。ちょっと読んでみてくだされば幸いです。

子供が性的な事件に巻き込まれないように、という配慮の元で、幼児期から性教育が行われる必要があるという主張があります。日本では性教協(”人間と性”教育研究協議会)と 呼ばれる団体がそうですね。良く知られていると思います。わが国では、早期性教育には反対、慎重意見も少なくなく、したがって、これは国策と呼ばれるほど には普及はしていない状態であると考えられるのですけれども、お隣の韓国では、国策となってしまっているようです。それは、性犯罪がわが国よりも十倍以上 も高いという異常な事情によるものであると考えられます。

”特亜を斬る”というdamedakoreaさんのブログでは、韓国のこういった情報が良く掲載されます。最近の一例は、性暴行大国、殺人を奨励?!と いうタイトルの記事です。他の記事も読んでみますと、やはり、子供達を性的な悪環境から守るためという形で、早期性教育が国策的に実施されているようであ り、性文化センターなるものも機能しているようです。しかし、このようなことは、実は性犯罪の助長にしか貢献していないのではないかと思われる節があるの です。このことをまぶい分析学的に考えてみましょう。これは恐ろしいことなのです!。犯罪を予防しているつもりが加担していることに気づいていないので す!。わが国でも他山の石とする必要があると思われます。

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim