忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


沖縄あるいは日本独特かどうかは別として、日本では、継承問題というものが存在する。何を継承するかというと、皇位やトートーメーである。皇位やトートーメーは、

(1)長男が継ぐ (2)女は継がない

を原則とするものである。これは、現代を闊歩している”男女平等”の考え方には拮抗する考え方である。したがって、”良くないこと”、”古いこと”と考えられ、退けられようとする場合が多く見られる。しかし、果たして、それは正しいだろうか?

人間観には、男女平等という考え方と女性優位/男系原理という考え方の二つがあることは、特に後者は、あ まり知られていない。皇位やトートーメーの継承の基本である、長男が継ぎ女は継がないという原則は、後者の女性優位・男系原理の考え方に基づくものであ る。したがって、継承問題を考えるときは、女性優位/男系原理の考え方を知らずして語ることは許されるものではないと言えよう。これこそが、社会治安がダ ントツに高い、家族力の高さを誇る日本文化の基本なのである。

現在の男女平等論は、フェミニズム(女性主義)とともに、西欧から輸入された考え方であることは良く知られているといってよい。これは、社会的権利と義務 に関する限りは、男女平等は当然のこととして考えてよいものであろう。この点に関しては、西欧から輸入されたフェミニズム、現在の日本の男女共同参画の基 盤をなすものであるが、一定の社会貢献をなしてきていると断言して過言でない。従来では、職場において片隅に縮こまっていた女性が、これにより、地位向上 が果たされて、働く女性にとっての福音をもたらしてきている。良い社会を構成するには、男女平等論のほうが有効かもしれない。

というのは、社会的には、主として”仕事に関する能力”が中心的な関心事であり、その面での権利や義務は、原則的には、男女に違いがないほうが良いことは 明らかであろう。この男女に違いがないほうが良い、という視点は、ジェンダー・フリーという考え方を生み出し、男女の違いを考えないようにしようという社 会風潮を一時生み出した。

しかし、男女平等論は人間にとって絶対的なものではない。日本文化においては、女性優位/男系原理の考え方が古来より実践されてきているのである。

女性優位/男系原理は、男女の特性を最大限に考慮し、その特性に基づいて相互に補完しあう関係を実現する方法で、主として家庭生活における基本原理として 機能しているものである。その目的は、万世一系にわたる子々孫々の繁栄と和合の達成である。この考え方が採用された社会では、社会治安の高さが実現され る。この様子は、欧米社会と日本社会の犯罪発生率を比較してみれば明らかだ。日本の社会治安の良さは世界的に定評がある(あるいは”あった”というべき か)。

ところで、西洋はロゴス、東洋といっても日本はエロスの社会であるといわれたりする。別の言葉で言えば、西洋は父性社会、日本は母性社会である。父性と母 性は、どちらが良いかという問題ではなく、どちらも必要なものである。この意味では、西洋(父性社会)と日本(母性社会)は、それらの特徴を元に融合する ことが望ましいといえよう。言うなれば、社会的権利・義務に関しては男女平等を、家庭的人間関係においては女性優位/男系原理を採用できれば良いのではな いかと考えられるのだ。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim