忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


中 国は天洋食品(中国国営企業)の毒餃子問題に興味をもって種々報道を見てきた。ここにいたって、先月末に中国側からの公式見解では、中国国内での毒物混入 はきわめて小さい、ということが示された。これまでは、主張には科学的根拠をといつものたまわっていたにもかかわらず、その科学的根拠は一切示されず、そ れどころか、日本警察まで非難する始末である(各ウェブ新聞の特集欄を見れば分る)。

あまりにも情けないと感じるのはボクひとりではないだろう。しかし、この様子は全世界も注目してみているはずであり、日中双方の主張を見れば、中国側がおかしいというのは一目瞭然であろう。

また、日本国内では報道の管制をしくことは不可能に近い話であるが、これが当たり前である中国では報道管制をし、おだやかに・・・といった主張をしてきた が、なにをかいわんや、先月末の両国考案・警察トップの会談で相互協力をうたった翌日には、かけたはしごを一方的にはずしてしまう愚挙に出てしまったの だ。

北京オリンピックを控えているが故のあせりは見えるのであるが、これでは全世界へハジを撒き散らしているようなものだ。中国共産党幹部は、こういうことに気付かないのだろうか?本当に不思議である。

中国が公式見解として、中国産食品は安心である!と、無根拠に、声高々に叫べば叫ぶほどに、われわれはしらけてくるのではないだろうか。その叫ぶ傍らで は、問題の発端となったメタミドホスを積載したトラックが横転して毒物を道路に2トン半も垂れ流したニュースがあったり・・・。

共同通信社記者が中国でメタミドホスを購入し所持していたのを見つけると、国家も国民もこぞって日本がどく餃子問題の原因であり自作自演であるといった雰 囲気を作り上げてしまうまでに至った。一昔前ならば、こういうことも世界の人々の多くが信じてしまうような状況であろうが、情報伝達が発達した現在におい ては、そうも行かないと思うし、そうであることを期待したい。共同通信社記者が購入できたこと自体が、中国では、国としては金して取り締まりの対象とした かもしれないが、それがまったくといっていいほど功を奏していないのが現実であることの証左だろう。

この件は、各所で扱われているけれども、産経新聞社北京支局の福島香織記者のブログが大変に有用であり、とても面白い。

心理学的話題に転じてみよう。本来はこれなのだから(笑)。

二重拘束(double bind)と いう言葉がある。親密な関係にある者同士に発生する現象で、言外の正反対の意味を伴うメッセージが相手に同時に伝達される、というものだ。しかし、中国と いう国家に対して親密な気持ちを持っていようといまいと、中国からのアナウンスメントには、引いてしまわざるを得ないだろう。親密な関係にないときにも、 二重拘束と同様の現象が発生しているわけだが、こういうのはなんと呼べばいいのだろうか? 普通には”うそつき、””偽善”で済むであろうけれども。中国 が公式に無根拠に「中国産食品は安全である」と叫べば叫ぶほど、それはむなしい努力といってよいと思われる。

二重拘束はまた、「関係」に作用する「毒」といっても良いものだ。二重拘束によって、関係は悪化するのである。このようなことに気付かずに毒を振り撒いて しまうようなことは避けるほうが良いと思う。さもなくば、振りまいている本人(中国)が、毒そのものとなってしまうからだ。中国は近代化をあせっているけ れども、背伸びはよくない。これはまぶい分析学では「越行」と呼んでいるのだが、越行をし続けると、ある時点で急にダウンしてしまうものなのだ。共産主義 国家の崩壊は、越行という現象の良い社会事例であると思う。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 

▼ もはや中国そのものが毒

これは正しく「ピーターと狼」の話なんでしょうね。「安全だ、安全だ!」と叫べば叫ぶ程信じてもらえない。しかし「本当に安全になった(狼が来た)」時にも、皮肉にも信じてもらえない。
937988fbd6 parkmount || 2008年 03月 12日 水曜日 || 編集

▼ Re:もはや中国そのものが毒

parkmountさま
いらっしゃいませ。コメント有り難うございます。まさにその通りですよね。普段から”信頼”し合える関係を培わなければ、いざというときに返って大変になりますね。今後とも御来訪くださり、御意見を宜しくお願いします(^0^)/
937988fbd6 Dr. MataYan || 2008年 03月 12日 水曜日 || 編集
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim