忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


まぶい分析学は、日本文化に基づく心理学と家族療法の体系です。ここで言う日本文化は、アニミズム・シャマニズムに基づくもので、特に現代の沖縄では、祖先祭祀システム、祖先崇拝の伝統文化として、日常生活に深く根を下ろしています。そして、現代の沖縄語(うちな~方言)は、古代大和語であるとも言われており、したがって、うちな~口で語る祖先祭祀の精神世界は、古代大和(平安時代~)の精神世界でもあり、日本人の心の源流とでも言うべきものです。

アニミズム・シャマニズムの世界は、女性優位・男系原理のパラダイムの上に成り立っています。女性優位・男系原理のパラダイムから「甘え」という日本文化を取り除くと、男女平等を理想とするパラダイムになります。つまり、男女平等の上位概念が女性優位・男系原理の日本文化なのです。

現在の日本で心理学を学ぼうとすれば、欧米で開発された諸理論をそのまま学ぶことになります。つまり、それを成績優秀で学んで日本人の心理相談に当たるとすれば、それは、困ったときに流暢な日本語を操る欧米人に相談することと同じです。これは考えられないといってよいことです。しかし、現在の日本の心理学の現状でもあります。まぶい分析学は、日本文化に基づいた、日本人のための心理学体系です。もちろん、そこから「甘え」を取り除けば、従来の欧米の心理学と同じになるものです。換言すれば、まぶい分析学は進化した心理学体系です。おこがましいかもしれませんが(^^; フロイトの精神分析学、ユングの分析心理学、そしてDr.MataYanのまぶい分析学と並べてみると、前二者では分析して人の心の状態を知ることは出来ますが、治療となると治療者の技量任せになるのですが、後者では、分析と同時に治療法が示されるという特徴があります。

まぶい分析学が学べる書籍 ← クリックするとその頁へ移動
まぶい分析学講座 ← クリックするとその頁へ移動
まぶい分析学メーリングリスト ← クリックするとその頁へ移動
★まぶい分析学に関する講演会 ← クリックするとその頁へ移動
悩み事・困りごと相談 ← クリックするとその頁へ移動


まだ工事中のブログですが、ご来訪いただけた方には、可能な限り足跡を残して、あるいは各記事にコメントをつけ、さらにあるいは、専用掲示板にご意見や感想などを残していただければ幸甚に存じます。

PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 

▼ おたずねしたいことがあります

はじめまして、医用生体工学分野のパラトグラム関連の論文を書かれたとインターネット上で拝見したのですが、実はこれから構音障害のリハビリを行ってゆくうえで勉強してゆきたいと考えております。この分野について一度お会いしてお話を拝聴することは可能ですか?いきなりで申し訳ございません。
99af08a718 ビバ!日本! || 2008年 04月 28日 月曜日 || 編集
▽ Re:おたずねしたいことがあります
いらっしゃいませ。
それは、僕が東大時代に行ったもので、もうだいぶ昔(30年位前?)です。僕は当時、一千万単位のエレクトロパラとグラムを20万で作ったという実績だけです。発音とかそういったことの知識はありませんが、そんな状態でもお役に立つのでしょうか?それでよろしければ喜んで。
Dr.MataYan || 2008年 04月 28日 月曜日

▼ 無題

この4月にSTとして働きはじめたばかりですが是非色々と教えて頂きたいと思っております。もしよろしければご連絡先を教えてくださいませんか?先生の論文も先に拝見したいのですが。。。
99af08a718 ビバ!日本! || 2008年 05月 02日 金曜日 || 編集
▽ STさま
手元に論文はありません。共著で、機器開発ですから、第一著者でもなく、昔の学会、研究会資料を手に入れるしかありません。当時の人は皆とっくの昔に定年しているでしょう(笑)どこに行ってるやら(笑)

ネットで探せるか分りませんが、当時の話は、東京大学音声言語医学研究施設、東北大学 比企静雄、国立国語研究所(だったかな・・・)と言ったことと僕の名前を検索すれば、出てくるかもです。分りません。あ、参考のために、当時の僕の所属は、東京大学医学部医用電子研究施設です(もう存在しません)。連絡先はプロフィールにあります。
Dr.MataYan || 2008年 05月 02日 金曜日
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim