忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


歴史は繰り返される、という名言?の言うとおり、第三次世界大戦の端緒ともなる可能性のあることが発生したようだ。

沖縄県石垣市登野城海域(いわゆる尖閣諸島近海)にて、台湾の遊漁船と日本の海上保安庁の巡視船の接触事故(遊漁船沈没、乗員全員救助)に関して、開戦も辞さずという強硬な台湾から抗議がなされた(http://www.taiwanembassy.org/JP/ct.asp?xItem=61499&ctNode=1453&mp=202)。これは、領土問題を根幹にもつので、ややこしい・・・というか、選択肢は基本的に二つしかない(と思われる)。それにしても、台湾の総統が変わっただけで、親日国から反日国へ一気に転換するとは・・・(^^; 

領土問題は国の根幹にかかわる問題だ。解決は、(1)非暴力的に行うには(言論の暴力はあるかも(笑))、国際司法裁判所での決着を行う、(2)暴力的に 行うには、台湾が主張するように、戦争による解決だろう。日本側には(1)の選択肢を取る可能性は100%存在するが、台湾側には、これは無いとしか言え ない。というのは、台湾(シナも)の主張は、登野城海域に資源があると言われ始めてからの主張でしかないからだ。それ以前は、台湾の教科書(地理)にも、 尖閣諸島が日本に属するように書かれている。また、台湾戦の漂流を日本人が救助した際、台湾から感謝状が寄せられたが、それには尖閣諸島が石垣市登野城に 属することが明記されていることは有名だ。したがって、国際司法裁判所では明らかに不利なのである。ゆえに、台湾(シナも)にとっては、この問題に固執す る限り、開戦しか選択の余地は無い。

ボクは昭和22年生まれの戦後っ子であるが、まさか生きているときに「開戦」の言葉が現役政治家の口から聞くとは思わなかった。。。

意味としては、それほど自分達には重要なことと思っている、という意思表示なのであろうけれども、大変だ(^^; 日台紛争を喜ぶのは、中華人民共和国だ(笑)。台湾併合もスムースに行え、戦争責任からも回避され、まさに一石二鳥だ(^^;

しかし・・・、日台紛争が勃発すれば、これは自動的に日米軍事同盟の発動となる。憲法九条だって、この場合には、戦争抑止力とはならない。自衛戦争は保障 しているからだ。米国が参戦するなら、当然、中共も表立って参加するだろう。ここまでは可能性は低くは無いだろう・・・。

しかし、他の大国、ロシアとEUはどうするだろうか・・・。

しかし、日本の周辺国は、どうして日本に敵対ばかり・・・(^^; 中国、韓国、北朝鮮、ついに台湾まで・・・(^^; しかし、このことによって、海を 隔てて遠方にある国境周辺には、日本国民全体としての関心はとても薄い・・・。たとえば、竹島問題を抱える島根県もそうであるが、尖閣問題には、沖縄県は まさに当事者である。県知事には、手腕を大いに発揮してもらいたいものだ。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 

▼ 無題

今後の日台の対応が気になりますね。。。
8dddd869bd さとー || 2008年 06月 15日 日曜日 || 編集
▽ Re:無題
御来訪有り難うございます。
本当ですよね。

福田爺さんでダイジョウブかな(笑)
Dr.MataYan || 2008年 06月 15日 日曜日
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim