忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


歳をとったせいなのか?(笑) よくどうやって学べばいいのか?という質問がある。先だってもそうだった(^^;

実際、日本文化の心理学と家族療法・まぶい分析学に関心を寄せてくれる人がいること自体、大変にうれしい・・・。しかし、現実には、まぶい分析学に関する 公の教育・研究機関は存在しない。提唱者である僕が私的に開催している学習会や事例検討会くらいのものだ。何人かは、米国の文化関連心理学の大学院に沖縄 県県費留学生として渡米し、推薦状をしたためたことがある。ところが、最近、聞いたことが無いような外国、主としてアメリカの大学で学ぼうと思う、という ことがあったりする。危険な場合があるので、諸賢の注意を喚起したい。

学位、特に博士号は、僕のように”研究”を行うものにとっては、昔から”足の裏にくっついた米粒と同じ (笑)”と言われてきていることはよく知られているようだ(笑)。この意味は、とらねば気持ち悪いが、とっても食える代物ではない、と言うことである。 とっても食えないが、気持ち悪さを避けるために、何とかしたいと思う人は意外と多いようだ。

特に”博士”と言う肩書きに権威を振り回し(権威なんて無いけど(笑)、まあ、かっこよさはあるかもしれない、無いよりは(笑))、一般の人々に対して物を売りつけるようなことに使うと言う場合がある。有名なものは”法の華、福永法源”である。

上記のリンク先にもあるが、ホノルル大学やイオンド大学といったものが、わが国においても、よく学位所持者としての肩書きに現れることがある。身近に現れると、なんとも言えない気持ちになってしまう。要は、学位を金で買うようなことなのだ・・・。だからと言って、あの名古屋の学位の事件のようなこととは全く異なると言ってよい。次に示すのは、ネット上に公開されている、学位を発行することを商売としている米国の大学(実際の”大学”と考えるのはだめ!あくまでも大学もどき!)のリストである。

http://khon.at.infoseek.co.jp/daigaku/index.html
1. 愛和国際整体大学 (Aiwa Medical University)
2. アダムスミス大学 (Adam Smith University)
3. アメリカ健康科学カレッジ (American College of Health Science)
4. アメリカン・コーストライン大学 (American Coastline University)
5. アメリカ・パテント大学、ハワイアンカレッジ (Patent University of America)
6. アメリカンワールド大学 (American World University)
7. イオンド大学 (IOND University)=ダイアモンド・ヘッド大学 (Diamond Head University)=ハワイ・イオンド大学(Hawaii IOND University)
8. インターカルチュラル オッペン ユニバースティ(オランダ) (Intercultural Open University)
9. インターナショナル・ユニバーシティ (International University, Missouri)
10. ウエストミンスター大学 (Westminster University)
11. カリフォルニア人間科学大学院 (California Institute for Human Science)
12. カリフォルニアモナーク大学 (California Monarch University)
13. カリフォルニア・レイクウッド大学 (California Lakewood University)
14. クレイトン大学 (Clayton University)
15. クレイトン大学アメリカン・ホリスティック・カレッジ・オブ・ニュートリション (Clayton College of Natural Health, American Holistic College of Nutrition)
16. グローバルクラウン大学 (Global Crown University)
17. グローバル・ピース・ユニバーシティ (The Global Peace University)
18. ケンジントン大学 (Kensington University)
19. ゴールデン・ステート大学 (Golden State University)
20. 国際学士院大学 (International Academy of Education University)
21. 国際地球環境大学
22. 黒龍江中医薬大学
23. コロンビア・ステイト大学 (Columbia State University)
24. コンチネンタル大学 (Continental University)
25. サウスベイロ大学 (South Baylo University)
26. CMF国際大学
27. ジェイムス大学 (University of James)
28. シティユニバーシティロサンゼルス (City University Los Angeles)
29. 青春大学
30. 聖パウロ国際大学 (Saint Paulos International University)
31. 聖ロッシュ医科大学 (St. Roch Medical University)
32. セント・コロンビア大学 (Saint Columbia University)
33. セント・トーマス大学 (Saint Thomas University)
34. 大連大学中医学日本校
35. タウンゼント・ハリス大学 (Townsend Harris University)
36. 特許大学
37. ナチュラルメディスン大学 (University of Natural Medicine)
38. ニューポート大学 (Newport University)
39. アナハイム大学、ランバート大学=元ニューポートアジアパシフィック大学 (Anaheim University, Lambert University, Newport Asia Pacific University)
40. ノーベル大学 (Nobel University)
41. バークレー科学大学 (University of Science at Berkeley)
42. パシフィック・ウエスタン大学 (Pacific Western University)
43. パシフィック・サウザン大学 (Pacific Southern University)
44. バランスセラピー大学 (Balance Therapy University)
45. バリントン大学 (Barrington University)
46. フロリダ基督大学 (Florida State Christian College, Florida State Christian University)
47. 分子矯正理工学院
48. ヘーゲル国際大学 (Hegel International University)
49. ホノルル大学 (Honolulu University of the Arts, Sciences, and Humanities)
50. ミンダナオ大学 (Mindanao State University, Philippines)
51. UCユニオン大学 (Union College)
52. ユニオン大学 (Union University)
53. University of the Americas (Montana)
54. WAUC (World Association of Universities and Colleges)

(未完)
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim