忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


子供が性的な事件に巻き込まれないように、という配慮の元で、幼児期から性教育が行われる必要があるという主張があります。日本では性教協(”人間と性”教育研究協議会)と 呼ばれる団体がそうですね。良く知られていると思います。わが国では、早期性教育には反対、慎重意見も少なくなく、したがって、これは国策と呼ばれるほど には普及はしていない状態であると考えられるのですけれども、お隣の韓国では、国策となってしまっているようです。それは、性犯罪がわが国よりも十倍以上 も高いという異常な事情によるものであると考えられます。

”特亜を斬る”というdamedakoreaさんのブログでは、韓国のこういった情報が良く掲載されます。最近の一例は、性暴行大国、殺人を奨励?!と いうタイトルの記事です。他の記事も読んでみますと、やはり、子供達を性的な悪環境から守るためという形で、早期性教育が国策的に実施されているようであ り、性文化センターなるものも機能しているようです。しかし、このようなことは、実は性犯罪の助長にしか貢献していないのではないかと思われる節があるの です。このことをまぶい分析学的に考えてみましょう。これは恐ろしいことなのです!。犯罪を予防しているつもりが加担していることに気づいていないので す!。わが国でも他山の石とする必要があると思われます。

まぶい分析学は、その本質は一言で言えば、マズローの階層欲求論に退行、越行、代理欲求の概念を導入して拡張し、人間の"甘え"の心理を各基本的欲求と関 連させた、日本文化に基づいて西洋心理学を咀嚼、体系化するものであるといえます。その特徴は、分析を行うと同時に治療法が明示されるという点にあると思 います。これはフロイトやユングの心理学にはなかったものです。

子供達に性教育、特に性器教育とも言われたりするようなことを行うと、どういうことになるのでしょうか。子供達は、得た知識を、教育者が期待するような方向に利用できるのでしょうか?

性 的なことをクチにする、性的な行動を取る、といったことを人前で行うことには、普通は"恥ずかしい"という感情を伴うものです。恥ずかしいという感情は、 我々の行動に、普通は、抑制的に作用します。つまり、恥ずかしいから(人前では)できない、ということになるのです。ですから、そういうことを人前で平気 で行うような人がいるとき、それは、"恥知らず!"と呼ばれるようになるわけです(カテゴリー『恥知らず論と恥じの文化』中のエッセイも参照)。

幼 児期に条件母性反射の対象から生理的欲求に基づいた甘えを充足させてもらうことができたかどうかという経験は、言い換えれば、ハグすること(身体接触)や 性的行動に甘えという感情が付着しているかどうかということは、性的な言動を取るに際して恥ずかしさという感情が湧出し、抑制的になれるかどうかというこ とに関連する重要なことです。例えば、『食べる』という鼓動に甘えが付着していますと、人前で食べることには心理的抵抗を覚えてしまいます。この抵抗に打 ち勝つほどに空腹を覚えていないときは、恥ずかしさを覚えて人前で食べることが出来ないのです。

一般に、人前では恥ずかしさを覚えてでき ないようなことを、あえて人前で行うようにすると、"恥ずかしさ"という心の壁が低くなり、あるいはなくなってしまい、それを行うことの抑制が作用しなく なります。性教育も同じです。性器の名前を人前で言うには恥ずかしさを覚えてしまうものですが、早期性教育を受けた子供達は、スーパーで買い物をする親に ついていったときなどにも、性器の名前を大声で連発し(学校でそのように練習する(笑))、それを聞いている親のほうが恥ずかしくなったりします(笑)。

恥 ずかしさという抑制的に作用する感情の湧出がなくなりますと、そのような欲求が出たとき、それを充足しようとする行動が自然に出てきてしまいます。昼食時 間でないのにおなかが空いたので自分勝手に弁当を食べてしまう、ということもこういう行動のひとつですね。ですから、普通は性的なことは恥ずかしいので抑 制されるのですが、早期性教育を受けた子供達は、性的な行動の湧出に対して恥ずかしさというものが無くなってしまいますので、欲求が発生すれば自然に行動 化してしまうことになるわけです。

子供達は、各自の家庭での成育歴によって、性的行動に対して恥ずかしさを覚えることそうでない子がいる ことになります。早期性教育は、知識を与える代わりに、恥ずかしさという感情の湧出を奪ってしまう、言い換えれば、抑制心を奪ってしまうことになることに 注意をしなければならないと言えます。もともと恥ずかしさを覚えることが無かった子供達は、知識を得ることで理性的に抑制することを期待されるわけです が、性的な欲求が理性で抑制可能かどうかは、人それぞれではありますが、恥ずかしさという感情の助けが無ければ、不可能に近いのではないでしょうか。この ことは、結婚して数年も立つと、初めは恥ずかしさを覚えていたカップルも、恥ずかしさは覚えずに自然に求め合うということになりますが、これが自然であり ましょう。しかし、そのような状態において、性的欲求が生じたときに、抑制することが可能であるかどうかということになるわけですね。抑制することが可能 であれば、性的な事件などはそれほど発生はしないかと思われます。

このようなことを考えますと、性的な事件が多いからといって、早期性教 育に力を注ぐと、ますます性的な事件が、しかも子供達自身による性的な事件が増加することになります。damedakoreaさんのブログの記事からすれ ば、哀れにも、韓国ではこのようなことのどつぼにはまってしまっており、どうしようもないことが分ります。わが国ではこういうことにならないように十重の 注意を払いましょう!
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 

▼ 無題

>『食べる』という鼓動
誤字発見(笑)
2abee945a7 次郎(誤字担当) || 2008年 05月 23日 金曜日 || 編集
▽ Re:無題
>>『食べる』という鼓動
>誤字発見(笑)

ぶひっ(^^;
ありがとうです(薄謝)(笑)
Dr.MataYan || 2008年 05月 23日 金曜日

▼ 無題

こんにちは!拙ブログを取り上げて下さいまして有難うございます。
韓国では幼児からの性教育は盛んです。ところが韓国の大衆浴場のようなところの貼り紙には「幼稚園になったら男の子は男湯へ。幼くてもわかっています(何がわかっているのか不明ですが)」と貼ってある所があるようです。
幼稚園の性教育で男女の体の違いや妊娠・出産を教わり、もう別々に・・・となったら興味ばかりが湧いてしまうと思います。知らなくても良い事を知りすぎてかえって暴行事件を助長すると言う負の連鎖・・・
日本の教師による性教育も行き過ぎはマイナス要素しか生まないでしょうね。
しかし、なぜそんなに性教育を教えたい教師がいるんでしょうか?性教協の教材をみてのけ反りました・・・・
9b2cf46d26 damedakorea || 2008年 05月 23日 金曜日 || 編集
▽ 御来訪深謝m(_ _)m
こちらこそお世話になっております。
韓国語は無知なので一方的に依存させていただいています(^0^)/
フェミニズムにしろ、性教教の性教育にしろ、検証過程を省いて直接実践しているところが問題ですね。臨床知見なしで薬剤を販売するようなもので、これは当事者達のただひたすら・がむしゃらの自己顕示欲になるかと思われます。無責任ですねえ。

本当ですよね。何でセックスの話題を出したがるんですかね?(笑)。しかし、それはこの記事の次の記事、Dr.北村の記事から読み取れますが、心理に無知なまま行っているからでしょうね。

のけぞってしまいますよね(笑)
Dr.MataYan || 2008年 05月 23日 金曜日
TBURL
記事URL
バ韓国の国技・・・・・と言えば売春と強姦・・・ そのなかでも異常に小学生・中学生の強姦事件が多発する変態国家・・・ 最近のニュースを取り上げてみると・・・・・ 5/22  10代の頃から12年間幼い姉妹を連日強姦し続けた破廉恥な義父 5/22  女学生を集団性暴行、10代の男子学生11人逮捕 5/21  男子中学生をそそのかしてカーセックスした女教師逮捕 5/21  高校の同窓生2人を性暴行10代学生逮捕 5/20  後輩の女子高生集団性暴行男子高校生6人逮捕 5/20  酒に酔った女性客強姦、タク...
特亜を斬る || 2008年 05月 24日 土曜日
韓国「性犯罪」の傾向 女性の3割「ソウル地下鉄駅のトイレは怖い」(上)  ソウルの地下鉄駅構内にある女子トイレのうち、かなりの数...
博士の独り言 || 2008年 05月 26日 月曜日

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim