忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ネットサーフィンをしていたら、デンマークのコペンハーゲンで、公営プールでのトップレス遊泳が認可されたというニュースに遭遇しました(^^; デン マーク・コペンハーゲンは、ボクがイタリアはナポリでの地中海医用生体工学会議に参加させていただくことができ、その間、一ヶ月ほど、欧州諸国をユーレイ ルパスを使って回りました思い出があります。その思いでとは(笑)、コペンハーゲン駅からホンのちょっといくと、ポルノショップですよ(^0^)。まあ、 それはさておき、書き続けることにします(^^; 

カナダのバンクーバーにあるブリティッシュ・コロンビア大学に2年余、客員研究員として過ごしましたが、大学の裏にはヌーディスト・ビーチがありました (笑)。また、大学祭では、毎年、女学生がオールヌードで馬に乗り大学構内を・・・というのがありましたが、僕が行った年に廃止になってしまいました (笑)。

それはともかく、海外の女性団体は日本の女性団体と方向が違うというか、ストレートいうか、いや、参ってしまいますね(笑)。さて、まじめに考えてみると、これは『恥じらい』あるいは『恥ずかしさ』の概念の有無に関連するものと思われます。

『恥ずかしさ』というのは教育で実現していく特性ではなく、いつの間にか自然に身についているといってもよい特性ではないでしょうか。しかし、そこにはあ る種のメカニズムが働いていることがマウイ分析学で明らかになりました。恥じに関するカテゴリの記事を参照していただければと思います。

あることをしようとするとき、恥ずかしさの感情が出てくるのは、その行為に甘えの感情が付着しているときです。人前で『甘え』を見せると恥ずかしさを覚え る、という人間の性質です。平気で見せることが出来る人は『恥ずかしさ』を覚えないか、覚えるにしても、注目を浴びたい、認められたい、という心意がそれ に勝っていると考えられます。

いずれにせよ、子が親に甘える、ということを芳としない西欧での生活様式は、このような風潮を生むということになります。

以下は、http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-3118.html からの引用です。



2008.03.31(Mon) コペンハーゲンのプールで女性のトップレスが認可 


80331b.jpg

The Sun
一部既報ですが、デンマーク、コペンハーゲンの公営プールで、女性がトップレス姿で遊泳することが認可されました。
これは、コペンハーゲンの「Culture and Leisure Committee―直訳すれば、レジャー委員会」での採決により圧倒的多数で決まったもので、男女同権のなかでも、女性にだって上半身を晒す権利がある と気炎をあげる活動団体、 「Topless Front」のキャンペーンが功を奏したもの、とサン紙は伝えています。

「Topless Front」でこのキャンペーンリーダーに携わっているアスリッド・ヴァンさん(20歳)はこう言います。
「女性の胸を性的なものと決めつけたのは、女性じゃないわ。だっておかしくない? 男性は胸を隠さないでもプールから締め出されることはないのよ。私たち だって上半身裸で泳ぎたいわよ」「Topless Front」はそもそも、スウェーデンでの同趣旨の団体、「Just Breasts」に影響をうけて設立されたものだそうで、団体ではプールでのトップレスを勝ちとった後は、サッカーの試合でシャツをまくり上げて、ユニ フォームの交換をする権利も得ていくと述べています。

今回のコペンハーゲンでの採択をうけて、団体ではヨーロッパ中にこうした運動を巻き起こすことを画策しているようですが、たとえば2006年、パリでは セーヌ河畔でトップレスあるいはトング(G-スト)で日光浴をしていた女性らが捕まって、38ユーロ(約4,180円)の罰金を科せられるなど、まだまだ 現実的には厳しいのかもしれません。
なお、お堅い国と思われがちのカナダでは、トップレスでのプールの遊泳が認められているそうです。
---------------------------------------
これについては、『痛いニュース』でも扱っていて、そこでは2ちゃんるの反応というのがあり、参考になります。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 

▼ 無題

トップレスかあ いいなあ でもおっぱいって出してる方が自然だと思う けど外人のおっぱいは大きいよなあ そしてこんなに大きなHなボインでもおしげもなくさらけ出すんだから大胆だよなあ あっぱれ
92c74610cc ビバ!日本! || 2008年 12月 28日 日曜日 || 編集
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim