忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2004年12月30日:初出し
2008年(平成20年)5月15日(木):旧ブログから移動
------------------------------------------------------------------

さて、自分では分からない自分の癖の集合体である無意識あるいは死霊は、どのようにして成り立っているのでしょうか。ここに、人間と他の動物との根源的な違いが見られるように思うのです。それは以下のようになります。

犬や猫を飼った経験、また、養豚場や養鶏場で働く人達のお話からしますと、彼らは、生後直後から、色々なことができるようです。とても人間の比ではないの です。たとえば、豚は生れ落ちるとすぐにヨチヨチと歩き、母豚のおっぱいを探し当てて飲むことができるようなのです。生まれたての人間には、こんなことは とてもできるものではありません。唇に乳首を触れさせ、あるいは銜(くわ)えさせてはじめて吸い付きます。こうすることで、人間は命を育んでいくことがか ろうじて?できる、といってよい存在です。親の庇護が絶対的に必要な存在なんですね、人間は。

そんなわけで、およそ満一歳になった頃の人間が生まれたての豚と同じようなことができる状態となるわけです。このため、動物に比べると、人間は一年ほど早 産であることになります。しかしこれは生理的現象であるので、生理的早産と呼ばれています。このため、人間は、動物ほどには、本能的なことができない状態 となってしまっているのです。

では、人間は一人前になるにはどうするのでしょうか。それは『模倣』であると考えられます。脳科学的には、ミラーニューロンという物まね細胞がイタリアの ラゾラッティ教授による発見などで知られている現象です。日本文化的には、あの親にしてこの子あり、蛙の子は蛙、子は親の背を見て育つ、・・・、といった 諺に示されるように、模倣はよく認識されている現象です。これは古代大和(現代沖縄)文化的には『ちぢうり』と呼ばれているものでもあります。文字を持た ない沖縄語であるのですが、この『ちぢうり』に対して、大橋英寿東北大学助教授(当時)は『継降』という字を当てました。言い得て妙ですね。この継降の概 念は、医学で言えば、M・ボーエン(アメリカの家族療法か)は『多世代伝承』、L・ソンディ(スイスの衝動病理学者)は『遺伝趨勢』と呼んでいるもので す。

以上のことがあるため、動物を人間が育てても人間になることはできないのですが、人間は動物に育てられると、その動物の行動様式を真似てしまい、その動物 のようになってしまう、ということがあるようなのです。1925年にインドで発見されたアマラとカマラの狼に育てられた子が、この例としては有名でありま しょう。しかし、この話は信用できないという論もあることを付記しておきます。人間の無意識は、養育者の行動様式を模倣したものであるということなので す。養育者が普通に人間の『親』であるなら、育てられた子も『人間』の行動様式を持つわけです。

ところで、その親もまた育てた親がいることはあきらかです。したがって、『親』は『親の親』の無意識をコピーしています。『親の親』はまた『親の親の親』 の無意識をコピーしています。この関係は、寸断することなく、究極の祖先にまでさかのぼることでありましょう。ここで、無意識が死霊、すなわち死者の霊 (心)であることの意味が分かることとなります。そして、無意識なるものは、先祖の集合体(祖先)とでも言えるようなものであることも分かります。

親をコピーするという現象は、別の表現では、親の霊が子に作用する、ということも出来るのではないでしょうか。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim