忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


韓国のウェブ新聞中央日報を見て『え?』と思った。違和感を覚えた記事は(いつも何かはあるのだが(笑))、「日本人は第2次世界大戦を反省していない」村上春樹氏インタビューと題する記事だ。村上氏が共同通信とのインタビューで述べたと言う記事だということだから、韓国人レポーターの語学や国際感覚もファクターとして入ってくるから、単純な問題ではないけれども、何かおかしいのだ。それとも、僕がおかしいのか?(笑)
PR

2004年7月17日:初出し
2008年(平成20年)4月6日(日):旧ブログより移動
------------------------------------------------------------------ 
明治の文明開化の頃には、世界の流れに遅れをとらじとして西洋の文化・文明を輸入する際に「和魂洋才」すなわち日本人が伝統的な精神を忘れずに西洋の文化を学び、巧みに両者を調和させること、が言われたようである。しかし現代はどうか…。人間に関する学問や主義・主張、例えば精神医学・心理学やフェミニズムといったものには、この「和魂洋才」の精神は全く活かされていないと言って良いのではないだろうか。

2004年7月17日初出し
2008年(平成20年)4月6日(日):旧ブログより移動
------------------------------------------------------------------
昨今では結婚年齢は上昇しているものの、性体験の年齢は低下しているようだ。そして、若年者の妊娠中絶が増加しているようで、知人の産婦人科医が嘆かわしいと漏らしたことがある。

人工妊娠中絶の心理的な影響はあまり研究されていないが、500人ほどの事例からすれば、次子に対してかなり影響するようだ。これは一般に「水子の祟り」として認識されている現象であろう。

2007年(平成19年)7月16日:初出し
2008年(平成20年)4月2日(水):旧ブログから移動
------------------------------------------------------------------
祖先祭祀文化と精神分析の研究をしていると、少なからず根源的と思われる疑問が残るものがある。それは、世の中の現象を二項対立的に捉えようとしている基本観念が随所に見られるということだ。これは・・・正しいのだろうか?

タイトルに示したことも一例である。宗教などは特に、なにやら崇高なもの、崇高な存在を仮定し、修行や功徳を積んで始めてそのような状態になれるとしたりする。最近、こういうことに強い胡散臭さを感じてならない。すべては金儲けにつながっているだけのことなのではないか・・・


人名や地名など、クチにするのをはばかることはよくある。僕が住む沖縄の地名で言えば、恩納村にある伊武部(インブ)、那覇市の漫湖公園など枚挙に暇がない。本土の人名でも、例えば、『谷』さんは、男性器の呼称だし、『楠』さんはウンチのことになる。どうもクチにしにくいし、ウウウ・・・(^^; 失礼ながら笑いも込み上げてくる。そんな中で、今日のzakzakに、、、、、、。

何か類するものを御存知の方は、コメントランもしくは掲示板にてお知らせ下さい!(^0^)/


メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim