忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2004年8月25日:初出し
2008年(平成20年)5月13日(火):旧ブログより移動
------------------------------------------------------
最近では躾がなされていない子供達が多いような気がします。これは杞憂なのでしょうか。こんなことを言いますと、いつも、年寄りが『今の若い者は!」とこ ぼす愚痴の類となってしまいがちでありますでしょうけれども(笑)。しかし(笑)、実感する場合が多いのでありますから、いたし方がないと・・・(^^;  特に酷いと思われますのは言葉遣いです。躾の問題について考えてみます。まず、Yahoo辞書・大辞泉より、
PR

2004年8月12日:初出し
2008年(平成20年)4月11日(金):旧ブログより移動・加筆(このとき、『育児 押し付け』でググってみると、ぶはは(^^; 45万件も出てきた(笑)。共通していることは、夫が仕事に専念し、家庭を振り返らないと言うことに『押し付けられた』と感じる人が多いようだ(笑)。この場合、男は、子供がいるから余計に仕事に打ち込む、といったことも多いのだが・・・いずれにせよ、夫婦間の感覚がずれていることが問題だ(笑)。
----------------------------------------------------------------------------
五月一日本紙論壇に東京都立大大学院生の堂○氏による標題のようなご意見があった。恐らく氏の博士論文内容の趣旨かとも考えられるが、学者(の卵)としてのご意見としては問題が多いので指摘しておきたい。

一般に「押し付ける」という言葉をフェミニズム・ジェンダーフリー論者は多用するが、これに惑わされてはいけない。本当に、育児は女性に押し付けられていると言えるのか?

2004年8月2日:初出し
2008年(平成20年)4月11日(金):旧ブログより移動・加筆
---------------------------------------------------------------------------
改 正男女雇用機会均等法の施行と共に、本格的な男女共同参画社会の到来となった。それに伴い「零歳保育」も保育所で導入されるようになった。しかし伝統的に 貧困な沖縄県では元々から共働きが多く、祖父母が零歳保育者の役割を果たしている例が多い。従って、家族療法・精神分析の立場からすれば、零歳保育におい て保育所(保育士)と零歳児の親の双方が気をつけねばならないことが既に知れている。この点について述べ、諸氏の参考としたい。なお、ここで言う零歳保育は、生後2~3ヶ月以内に他者(親族や保育士)に子の世話の大部分(時間的)をゆだねてしまう場合である。

文化とは、大辞泉によれば次のようである。

ぶん‐か 〔‐クワ〕【文化】
-------------------------------------------------
1 人間の生活様式の全体。人類がみずからの手で築き上げてきた有形・無形の成果の総体。それぞれの民族・地域・社会に固有の文化があり、学習によって伝習されるとともに、相互の交流によって発展してきた。カルチュア。「日本の―」「東西の―の交流」

2 1 のうち、特に、哲学・芸術・科学・宗教などの精神的活動、およびその所産。物質的所産は文明とよび、文化と区別される。

--------------------------------------------------
つまり、文化とは人間の心(あるいは精神)の活動の所産である。←当たり前か(笑)

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim