忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


まぶい分析学は、日本文化に基づく心理学と家族療法の体系です。ここで言う日本文化は、アニミズム・シャマニズムに基づくもので、特に現代の沖縄では、祖先祭祀システム、祖先崇拝の伝統文化として、日常生活に深く根を下ろしています。そして、現代の沖縄語(うちな~方言)は、古代大和語であるとも言われており、したがって、うちな~口で語る祖先祭祀の精神世界は、古代大和(平安時代~)の精神世界でもあり、日本人の心の源流とでも言うべきものです。

アニミズム・シャマニズムの世界は、女性優位・男系原理のパラダイムの上に成り立っています。女性優位・男系原理のパラダイムから「甘え」という日本文化を取り除くと、男女平等を理想とするパラダイムになります。つまり、男女平等の上位概念が女性優位・男系原理の日本文化なのです。

現在の日本で心理学を学ぼうとすれば、欧米で開発された諸理論をそのまま学ぶことになります。つまり、それを成績優秀で学んで日本人の心理相談に当たるとすれば、それは、困ったときに流暢な日本語を操る欧米人に相談することと同じです。これは考えられないといってよいことです。しかし、現在の日本の心理学の現状でもあります。まぶい分析学は、日本文化に基づいた、日本人のための心理学体系です。もちろん、そこから「甘え」を取り除けば、従来の欧米の心理学と同じになるものです。換言すれば、まぶい分析学は進化した心理学体系です。おこがましいかもしれませんが(^^; フロイトの精神分析学、ユングの分析心理学、そしてDr.MataYanのまぶい分析学と並べてみると、前二者では分析して人の心の状態を知ることは出来ますが、治療となると治療者の技量任せになるのですが、後者では、分析と同時に治療法が示されるという特徴があります。

まぶい分析学が学べる書籍 ← クリックするとその頁へ移動
まぶい分析学講座 ← クリックするとその頁へ移動
まぶい分析学メーリングリスト ← クリックするとその頁へ移動
★まぶい分析学に関する講演会 ← クリックするとその頁へ移動
悩み事・困りごと相談 ← クリックするとその頁へ移動


まだ工事中のブログですが、ご来訪いただけた方には、可能な限り足跡を残して、あるいは各記事にコメントをつけ、さらにあるいは、専用掲示板にご意見や感想などを残していただければ幸甚に存じます。

PR

今までお世話になりました。

http://drmatayan.seesaa.net/

に引越させていただきました。

引き続き宜しくご愛顧お願い致します。

しばらくの間、

ブログのネタを大量に(笑)得ることを目的とし、

活動の場を、公開メーリングリスト

http://groups.yahoo.co.jp/group/mabuigumi/

にて色々と考えを述べてみたいと思います。

よろしく御意見をお願い申し上げます(^0^)

久々の更新でございます(^0^)/

以下のことは新聞やテレビで既に良く知られていると思います。フィリピン人(カルデロンさん夫妻)が日本に不法入国して生活し、子供が生まれ、その子が中学生になり、不法入国の発覚とともに問題が明るみに出ました。

このことが報じられると、カルデロン・のり子(中学生)さんが、日本語しか話せないのにフィリピンへの強制送還になるのはかわいそうという雰囲気が盛り上がっているように思います。確かに、かわいそうに感じてしまいます。入国管理事務所では、のり子さんの滞在は認めるとしても、両親は基本的には強制送還であるという立場をとっています。マスコミの論調では、親子三人で日本で暮らしていけるようなことへの同情を求めているかのようにも感じます。

しかし・・・これは、現在では、入国管理事務所がとっている立場に大賛成です。といいいますのは、親は不法入国という犯罪を犯して日本に滞在しているわけですから、子供ができたからといって、その犯罪が消えるわけではないでしょうし、子供がかわいそうだということだけで犯罪が帳消しになってしまうのは、とてもだめでしょう・・・

のり子さんは日本語だけしか話せない・・・これは本当でしょうか?親の母国語は、家庭内では使われているはずですから、フィリピン語(タガログ語)は話せると考えても良いのではないでしょうか。ましてや、子供がこうむる不条理は、これは完全に親の責任ですから、親子間で解決しなければなりません。

のり子さんは、親の因果が子に報い・・・を実体験されるわけですが、(不法入国で収容された親ではあるが)一緒に日本で暮らせるようにして欲しいと訴える気持ちは十分に理解できますけれども、これは無理というものでしょう。個人の人権問題として捉えることには賛成できません。

座敷童という言葉を御存知の方は多いのではないでしょうか。東北地方に伝わる家の守護神とされる子供の妖怪?ということです。まずは、Yahooの大辞林を見てみます。
 
【座敷童】東北地方で、旧家に時折現れるといわれる家の守り神。童形で顔が赤く、髪をおかっぱにしており、時にはいたずらもするが、いなくなると家が没落すると伝えられる。ざしきぼっこ。くらぼっこ。

まぶい分析学は、初めて「霊」の世界の話を科学的思考で取り扱うことができるようになった心理、家族療法の体系です。しかし(^^;、当然といえば当然ですが、この座敷童のような現象は、まな板の上に乗せる能力はありません。しかし、だからといって否定してしまうことはしませんし、存在するのだ!と肯定的な立場にも立ちません。まぶい分析学の俎上に載せるには、なお時間と研究を要する問題かと思われます。 今後の資料とするため、座敷童に関する記事をコピペしておこうと思います。それにしても、「写真」に写るとは・・・デジカメだと思うのですが、記録できる光の波長の幅が広くなったのでしょうか?それとも?(笑)いずれにせよ、頭を休めるときの良い話題となるかも(^^;(例の大槻教授ならプラズマの話からはじめるに違いない(笑))

現代は少子化、都市化の傾向に伴い、親族関係の希薄化が危惧されるようになっている。そこで、孤独死という問題も散見するようになってきたが、これは今後の社会問題となるものであるに違いない。

 故人に相続人がいない場合、そ の遺産は自動的に国庫に帰属することとが定められている。しかし、ここに特別縁故者と呼ばれる者がおれば、彼は遺産分与を国に申し立てることができること になっている。特別縁故者とは、法律上の相続人ではないけれども、生前、故人と特別の関係にあったもの、例えば、内縁の妻とか未認知の子とか、献身的に世 話をしたものといった具合である。


 その特別縁故者になりえる例として「菩提寺」がある。ということは、檀家制度がない沖縄県においては、「門中」があると言える点に注目が必要だ。

以下の要領で、又吉正治氏の「まぶい分析学・皇位・トートーメー継承の理論と実際」の出版記念講演および祝賀会を執り行います。関心ある方は振るってご参加下さい。なお、事前に参加することをお知らせいただければ幸いです。

日時:2008年11月12日水曜日 19:00~21:00
場所:〒901-0305沖縄県糸満市西崎町4-21-5
株式会社 東洋企画印刷
会費: ¥3,500円(アルコールはありません(--;
食事とソフトドリンクを準備
立食形式、休憩用の椅子は30人分を用意しています。
次第:本(まぶい分析学)ができるまで・・・会社見学
来賓挨拶
講演 まぶい分析学こぼれ話
その他  進行担当 玉城雅夫(糸満市役所観光政策室)

 *このシリーズは、2009年1月から、カレント誌(発行・潮流社、代表・矢野弾氏)へ掲載予定の、手直し前の原稿です。毎月、手直しして、当該誌へ掲載されますので、最終稿はカレント誌にて宜しくお願いいたしますm(_ _)m
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 普通の心理学(というか、日本の大学で教えている心理学)では、「霊」という言葉や概念は教えていない。しかし、霊の概念はとても重要である。何故かというと、

一、心理学が専門家のためだけでなく、一般の人にも分かり易くなる
二、一般の人が多少のことならば、自分で、特に家族の問題は治療可能となる。

という特徴が得られるためだ。自分で家族の問題を治療(解決)可能ということは、実は「家族力」が高まった、ということである。昨今の社会に頻発している事件の解決と予防には、この家族力を高める、ということが必要不可欠だろう。

  日本人と欧米人は性質が同じだ、と主張する人はいないだろう。どこが違うのか? たとえば、欧米人は人前で平気でキスをすることもハグをすることも出来る。また、自己主張は日本人よりっも大変に強い。この違いをよく見つめてみると、その背景に、甘えの心理と相互信頼が横たわっていることに気づくのではないだろうか? 欧米の人間関係は、どうも相手を信頼しているようには見えず、逆に日本の人間関係は、相手に対する信頼がベースにあるように見える。信頼できる人を信頼していなければ相手に失礼だろうし、信頼しないほうが良い相手を信頼してしまえば困ったことにもなろうし、したがって、どちらが良いとは一概には言い難い。また、欧米の人間関係では、相手に甘えない、ということで通低しているようだし、日本の人間関係では、逆に、甘えることが許されているように見える。 

先だってのNHKスペシャル、第三集、腰痛 腰痛は二足歩行人類の宿命か(二〇〇八年10月5日()
放送)は、面白いことに、腰痛が祖先祭祀を行うことによって治癒することがある、ということを説明可
能とする内容を含むものであった。日本やアメリカ、カナダの大学の研究成果では、従来から言われてい
る椎間板の機能に加え、心理的なストレスが腰痛に関係する場合がある、ということで整形外科と心療内
科の共同研究にまで発展しているようだ。

今年は物理学と化学の分野で日本人が同賞を受賞しました。
まことにおめでたい話であります。

どちらもミクロの世界でのことですが、物理学のほうは、物質の根源に関する超ミクロの世界です。

実は、実は、対立する概念が極端になると、元の木阿弥になる、という性質があろうかと思います。言いたいことは、超ミクロの世界の現象は、マクロの世界や実体の無い心理現象にも、その影響を与えているようにも思います。換言すれば、物理学の成果は、霊の正解にも通用するかもしれないわけです(^^; ここでいう霊とは、まぶい分析学で定義する「霊」です。

いつも不思議に思うのは、まぶい分析学を学んで実践し、夫婦・親子関係を楽しめるようになっても、学ばなくなってから半年もすると、また元に戻ってしまう傾向があることです。いつも不思議に思っています。自然に放置すると、特に夫婦関係は、破滅の方向へのベクトルを持っているのではないかと思うほどです。

夫婦関係は、「対称性」を主張すると、破壊する方向に進むか、あるいは親子関係が犠牲になる性質があります。「非対称性」を実現すると、その関係が良くなることは、理論的にも臨床例からも明らかなのですが、その状態の維持が難しく、また元に戻ってしまう(まぶい分析学を忘れる)わけです。人によっての個人差はあります。

今度の物理学の成果は、この、自発的な対称性の敗れ、に回答を与えるヒントになっているかもしれません。

妄言かもしれませんが、ノーベル賞受賞のお祝いの言を申し述べたいと思います(^0^)


◎家庭内の困り事、個人的な悩み事など、相談に応じます。
◎全国各地からの相談を受け付けます。Yahooメッセンジャーを利用して行います。

・必要なツール Yahooメッセンジャーがインストールされたパソコン、マイク、ウェブカメラ
          が必要です。(Yahooメッセンジャーは、Yahoo Japan のホームページ
          から無料でインストールできます)

・アポイントの仕方 まずは、メールで時間などを設定します。メールアドレス、
                           postmasterに続いて@matayan.com あてにお送り下さい。

・参加費  一般 10,000円/回 (同じ問題を抱えた仲間で相談すれば、参加者全員
                                                              で10,000円とします。割安になります)。
       会員   5,000円/回 日本文化の心理学と家族療法研究会 
                      事例検討学習会会員

           ・会員  他人のプライバシの守秘義務を遵守する旨の誓約書を提出
                 +事例検討学習会のメンバーとなること
                事例検討学習会は、原則として、まぶい分析学講座を終了し
                た者を対象とする。毎月1~2回の定期開催。

              メーリングリスト会員・・・研究・支援・連絡・雑談・・・参加費無料
                            (まぶい分析学に関心がある者の集い)
                 ・・婦道クラブ・・・メールでメンバー同士での相談が可能
                 ・・参加費月千円(半年更新)守秘義務遵守誓約書の提出要

・条件  時間帯の制限は特に設けません。相談中に他の人が聞いてしまうことがないよ
      うな時間帯をお選び下さい。一回の相談に参加できる人数は、数人以内としま
      す。

・相談内容の範囲  家庭内、職場内での心の諸問題。科学的に有効な水子供養、その
                                   他。お金儲けの方法などには対応不能(^^

 日本人と欧米人は性質が同じだ、と主張する人はいないだろう。どこが違うのか? たとえば、欧米人は人前で平気でキスをすることもハグをすることも出来る。また、自己主張は日本人よりっも大変に強い。この違いをよく見つめてみると、その背景に、甘えの心理と相互信頼が横たわっていることに気づくのではないだろうか? 欧米の人間関係は、どうも相手を信頼しているようには見えず、逆に日本の人間関係は、相手に対する信頼がベースにあるように見える。信頼できる人を信頼していなければ相手に失礼だろうし、信頼しないほうが良い相手を信頼してしまえば困ったことにもなろうし、したがって、どちらが良いとは一概には言い難い。また、欧米の人間関係では、相手に甘えない、ということで通低しているようだし、日本の人間関係では、逆に、甘えることが許されているように見える。

未考会というのは、矢野経済研究所顧問、潮流社社長、美ら海沖縄大使、・・・、を務めておられる矢野弾氏が主宰されている、経営者、管理職の方々のため の、毎月一巻の勉強会です。東京・大手町の経団連ビルで行われています。9月18日は、僕が講演を行う機会を与えて頂きました。関係者各位へ深謝します。

左側の起立者が矢野弾氏、ほぼ中央の城のクールビズ(かりゆしウェア)着用者が僕(^^;

靖国神社へ行ってきました。
参拝と、まぶい分析学第3巻皇位・トートーメー継承の理論と実際(女性優位・男系原理と男女平等)を献本することが目的でした。




早いもので、もう平成二十一年(二〇〇九年)となった。僕は昭和二十二年(一九四七年)の生まれだから、もう六二年が経過したことになる。六二歳というと、一二年毎の厄年(沖縄語では生まれ年、あるいは当たり年という)に加え、入り厄、本厄(六〇歳)、晴厄から開放されて、いわゆる運気が高まる時期とされている。それが本当かどうかについては、機会があれば詳述することにしよう。しかし、実感としては、確かにそのとおりである。


久しぶりの更新です(^0^)

まぶい分析学第三巻(上)皇位・トートーメー継承の理論と実際が発売になりました。また、折を見つけて、ブログの更新を続けて生きたいと思います。まずは、トートーメー継承にまつわる四大タブーの件です。これが間違って広められています(^^; MAGIの回遊魚的日々というブログに、次のように紹介されています。


9月18日(木) 18:00~20:00 演題 未定
20:30~      懇親会
参加費 5000円
場  所  青山学習館 (東京)

箱庭療法という心理療法の一種があります。

ウィキペディアによると次のようなものです。

(引用開始)
英国の小児科医でクライン派のローエンフェルト(Lowenfeld,M.)が世界技法(The World Technique)を作り、1929年に発表した。その後、スイス人のドラ・カルフ(D.Kalff)がユング心理学を基盤としてさらに発展し、「砂遊 び療法」(Sandplay Therapy,Sandspiel Therapie)として確立した。

箱庭療法は当初は主に子ども用のセラピーとして使用された。その理由として、子供や思春期の人間は複雑な概念や言語の構成が苦手であり、どちらかという と、遊びや象徴的な表現の中で、自己表現をする事が多く非言語的な手法による治療は有意義との意見がある。しかし、その後、子供だけでなく、広く精神障害 を持つ患者に使用されている。また、世界的に日本程、箱庭療法が急速かつ、広範に普及した例はなく、現在は日本から中国・韓国等の地域にも徐々に広まって いる。また、ヨーロッパ・米国においても使用されている。
(引用終了)

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
69
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim