忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2004年7月19日:初出し
2008年4月7日(月):旧ブログより移動
--------------------------------------------------
最近の日本の合計特殊出生率(以下、出生率とする)は一、三二で、沖縄県は一、八二である。一昔前よりだいぶ子供の数は減っているが、沖縄県はこの点ではトップクラスである(離婚率もトップクラスであるが、最近、日本一の座は大阪府に明け渡した)。この少子化問題は国策ともなっている重要な課題である。

ところで、少子化の先端を行く東京都の例を見てみよう。東京都二三区は〇、九八である。しかし、都区内別に見てみると、江戸川区の出生率は一、三七で第一位である。なぜ江戸川区の出生率は高いのだろうか。

今年四月の「Yomiuri Weekly」の「働く女性を支援、子育てしやすい町ランク」特集によると次のようである。主として保育の充実度という観点から、延長保育の充実している 品川区が高く評価された。ちなみに品川区の出生率は〇、九二である(二三区中一三位)。逆に江戸川区は、同区のホームページの「赤ちゃんは保護者の深い愛 情と責任のもとで、肌を接しながら育てられるのが理想です」という記事が引用され、「その『理想』を表すように、同区のゼロ歳児保育実施率は二三区の中で 一番低い」と指摘され、「江戸川区から脱出組続々」という見出しの元に、「江戸川区は多くの保育移民を他の区に送り出している」と批判された。

またランキングの中の延長保育充実度ランキング第三位・ゼロ歳児保育充実度ランキング第二位で、子育て支援は充実しているはずの目黒区は、なんと出生率は二三区中二二位、つまり、下から二番目の〇、七六である。

これらの数字から見る限りにおいては、子育て支援策としての延長保育、ゼロ歳児保育は、少子化対策とは無縁のようにみえる。

では江戸川区はどうなっているのだろうか。江戸川区に住む知人によると次のようである。

江戸川区の子育て支援の特徴は、先にも述べたように、家庭保育を重視していることだという。ゼロ歳保育のニーズに対して江戸川区は「保育ママ制度」を推進した。子育て経験のある主婦が自宅で子供を預かることで、家庭的な保育を実現し、三十余年の歴史があるそうだ。

ゼロ歳保育を実施すると、区立保育所で乳児一人当たり四十万円弱が必要になるようだ。しかし同区では、育児助成として乳児一人当たり月一万―一万三千円の 乳児養育手当を支給し、さらに私立幼稚園の費用を区立幼稚園とほぼ同じに設定するよう補助金を出したりして、若い子育て世帯が経済的にもゆとりを持って子 育てができる環境を提供しているというのである。

沖縄県において今後子育て支援策を考える場合、江戸川区の試みも十二分に参考にされてしかるべきではないだろうか。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim