忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


J-CASTニュースの続きである。
遊びには最適である(笑)。

早大名誉教授の大槻義彦さんに聞く スピリチュアル番組問題(下)
江原さん霊視の真偽 「実験」ですぐ決着はつく

実験にそぐうことではないのだが(^^;

2008/2/11      このエントリーを含むはてなブックマーク はてなRSSに追加 この記事をBuzzurlにブックマークする この記事をクリップ!   Yahoo!ブックマークに登録   コメント(126)  

   物理学者でオカルト批判でも知られる早大名誉教授の大槻義彦さん(71)は、テレビのスピリチュアル番組の「インチキ」を暴く論陣を張っている。今回は、スピリチュアルがなぜインチキなのか、その理由を中心に聞いた。

文明国でありながら、市民教育が追いついていない

江原批判をする大槻義彦さんの公式ブログ
江原批判をする大槻義彦さんの公式ブログ

――大槻さんは、「江原今様イタコの嘘」(仮題)を鉄人社から出版されるそうですね。どのような内容になるのか、お話しできる範囲で教えて下さい。

大槻 麻原彰晃や宜保など従来の霊能者は、本を書く能力があまりありませんでした。だから、スピリチュアル関連の 出版が少なかった。しかし、今は、こうした本の数がすごいことになっています。何十、何百万部と売れ行きがあり、ある意味でテレビ以上です。そこでは、様 々な文化人が講演や本、対談で江原さんらと一緒にやっています。挙句の果ては、週刊朝日が2006年8月18、25日合併号で対談まで載せた。これまでに なかったことです。私の本では、こうした多くの文化人が江原さんらに擦り寄っているという批判を展開しています。また、どうして霊が存在しないのかを科学 の初歩から解き明かしています。

『霊』なるものは、心に影響を与える力と定義すれば、ある程度のことは
科学的に演繹できるようになる。また『霊』なるものは琉球語(古代大和語(笑))
では『まぶい』というが、それは心理学で言う『基本的欲求』の定義と同一のものなのだ。
この意味では『霊は存在しない』とは言い切れない。大槻教授の旗色が悪い(笑)。
『霊が存在しない』と言うことでの『霊』についての共通理解は得られているのか?

――本や番組を支えている読者や視聴者もいけない、ということになりませんか。

大槻 それはそうなんです。よくよく考えると、テレビを見る多くの女性たちに本がバカ売れする現状があります。テ レビ局や出版社は、いかがわしいと思っても、視聴率を取るから、本が売れるからと手を染めてしまいます。実際、スピリチュアルを受け入れる多くの人がいる ことが問題で、とても残念なことです。その背景には、教育の不備があります。文明国でありながら、市民教育が追いついていない。教育者の一人として残念で す。自分で判断してインチキと見破れる基礎的な能力をつけることが今後大事でしょう。

これは『科学』を前面に出す問題だろうか?なぜそういうことを受け入れるのか、という
人間の性質が問題なのでは?大体において、オーム真理教の場合においても、
高学歴者が多かった。上述の教育の不備と言う主張は言いとしても、正直言って、
もう少し世の中のことと"人間"のことを分るようにしたら?と言いたい(^^;

――大槻さんは、なぜ精力的にオカルト批判をなさっているのですか。

大槻 一口で言いますと、現代の科学文明・社会に極めて悪い影響を与えているからです。それは大きく3点あり、最 も心配なのは、霊感商法につながることです。全国霊感商法対策弁護士連絡会が再三にわたってテレビ局に霊能番組を自粛するよう意見書を出していますが、そ れと同じです。テレビ局側は「江原さんは関係ない」と言うかもしれませんが、「オーラの泉」といった番組がコピーされて使われています。宣教ビデオとして 使い、高額のお布施や寄付を要求しているのです。「霊の世界がある」と宣伝すれば、次に来るのは霊感商法です。だから、霊の存在が証明されるかどうかの公 の検証番組が必要です。

そのような検証番組を作るのは賛成だ。大いにやれ!(^0^)/

スピリチュアルは社会進歩を阻害する

――あとの2点は何でしょうか。

大槻 一つは、子どもたちが、学校で習う科学が番組で否定されて、どうしていいか分からなくなっていることです。 中には、番組後に自殺する子どもの例が報道されています。埼玉県で2006年12月9日、中学2年の男子生徒が、数日前に家族で霊能番組を見た後、10階 から飛び降りました。見つかった遺書では、番組を見た家族から「自殺したら生まれ変わることができない」と言われたことに触れ、「おれは生まれ変わる。 もっとできる人間になってくる」と書かれていました。「オーラの泉」とは別の番組でしたが、具体的に被害が出ているのです。3点目は、スピリチュアルが社 会進歩を阻害するということです。霊能番組は、あなたの運命は霊界で決められている、と洗脳します。しかし、人間は、頑張って教養豊かになる、体を大きく したい、などと向上心があるので進歩するのです。だから、科学者の一人として黙っていられないのですよ。

使命感は理解できる。しかし、もう少し考えるほうが良い。例えば『向上心』とは何か?今の自分に対する不満であろう。根底には自己否定がないだろうか?それがあれば、どこまで行っても『向上の衝動』が続き、破綻するのが目に見える(笑)。上述の被害も、物理学のシンポ(笑)
によって防げる類のものとは思えない(笑)

――では、どうやったら、江原さんの「インチキ」を本当に証明できますか。

大槻 例えば、オーラの光や色が見えるということについては、いつでも研究室で彼の目を測定します。「ウソでな い」というなら、ちゃんと対決しましょう。また、霊視についてなら、いつでも私が立会いの下に実験します。上野駅に到着した任意の人をつかまえて、江原さ んに「この人を霊視して下さい」とお願いします。当たるはずはないでしょうから、必ず決着がつきます。そういう実験をさせてもらえるなら、文句は言いませ ん。でも、絶対に応じないでしょうね。

そういう考え方ではうまく行くまい。
もっと頑張れ(笑)

――たとえ「インチキ」が証明されたとしても、スピリチュアル番組はなくならないのではないですか。

大槻 確かに、オカルトは、現代科学文明に咲いたあだ花で、批判が高まるとすぐに散りますが、また別の花が別の色 で咲き始めます。しかし、私は絶望していません。人類は批判を通じて、少しずつ賢くなっています。100~500年前のシャーマニズムの時代に比べれば、 科学的教養は進んでいるのです。私は、これまで20年間もオカルトと戦ってきており、宜保愛子、福永法源、織田無道といった方たちはすべて霊能番組から消 えていきました。「オーラの泉」は今すぐに止めるべきですが、江原スピリチュアルも批判の高まりを受けて遠からず散っていくことでしょう。こうした問題 は、急いで解決はできません。科学者が永久に批判し続けるしか、根本的な解決策はないのです。

そんなことも無いと思うが・・・物理学ではなく、人間科学の
分野の問題ではないだろうか?解決策・・・そもそも必要なのか?
必要だとしても、科学者が永遠に批判し続けるのが根本か?大体、オカルト批判者がオカルト化していることに気づいているのだろうか?なんだかつまらないな。
しかもシャマニズムは昨今では見直されているものなんだがな。こんな点を考慮すれば、大槻義彦名誉教授ってただの物理オタクではないのか?
(言い過ぎたかもしれない(^^; 少し自重します)
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim