忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2008年北京オリンピックの聖火リレーでは、中国の若者達の暴走リレーであったという感が否めないと思います。オリンピック開催を国威発揚の場とするのはかまわないのですけれども、しかし、履き違えてはみっともないといえるのではないでしょうか。

中国の若者達の行動は、中国当局は、多少の軌を逸しても、愛国無罪ということにしているらしいですね(^^; でも、恥を撒き散らし、国の品格なんぞが全く無いという事を世界に示したとも言えるのではないでしょうか。

この中国がいう愛国心には疑問を感じること大ですし、わが国の識者達も疑問を呈していますね。一例として、林道義元東京女子大教授も”愛国心ではなくジコチューだ”と断じているのです。

しかし、林氏の愛国心論議には、どうも違和感がぬぐえないのです。なぜなのでしょう? 氏のホームページから引用しますが、

(引用開始)
本物の愛国心とは

第一に、自国の良いところに誇りを持つことである。
第二に、自国の悪いところや間違っているところを指摘・批判されたときに、謙虚に反省し、そこを直し、改善しようとする態度である。もし相手の方が間違っていると思えば、理性的・理論的に反論する。自信があるから感情的に反発したり、激昂したりしない。

第一の点についても問題はあるが(例えば有人宇宙飛行をやったとか、経済成長が高いとか、オリンピックを主催する、などという外見的なことに価値を見いだすか、国民の人格の成熟度や文化に見いだすか)、分かりやすいメルクマールは第二の点である。

(引用終了)

自国の良いところに誇りを持つことが愛国心なんでしょうか。「良いところ」なんてのは、見方によって色々と変化します。これでは中共政府と同じではないの でしょうか。彼らは自分達の行動を悪いとは思っておらず、誇りを持っているであろうことは明らかではないでしょうか?自国の悪いところを・・・冷静に反 論・・・感情的にならない・・・激高しない・・・、こういったことが愛国心のパラメータなのでしょうか?全く違うだろう・・・と思いますよ。見当違いとい うか、なんというか、、、、。

まずジコチューとは何でしょうか?Yahoo辞書大辞泉によりますと、

じこ‐ちゅう【自己中】[名・形動]《「自己中心的」の略。「ジコチュウ」と書くこともある》何事も自分を中心に考え、他人については考えが及ばないさまをいう。自分勝手。利己的。「―な発言」→自己中心性
じこちゅうしん‐せい【自己中心性】ピアジェの用語。乳幼児の思考様式の特徴で、事象を自分の立場あるいは一つの視点からしか分析・認識できないこと。


ということです。しかし、人間は、自己の欲求を充足させることで生きている生き物ですから、本質的には人間はジコチューな生き物ではないでしょうか。それは否定できないと思います。まぶい分析学では、マズローの基本的欲求の五つの段階を考えます。それによりますと、

(1)生理的欲求、(2)安全欲求、(3)所属・愛情欲求、(4)承認欲求、(5)自己実現欲求

どの欲求も充足がなされないときには、基本的欲求の定義どおりに、病気になってしまうという性質を持っているものです。どれも基本的にはジコチューな欲求 です。ただ、(4)と(5)は、他者の欲求を充足させる行動を取ることにより他者からの信頼が得られ、それにより承認と自己実現の欲求が充足されるという 性質があります。ですから、ジコチューかどうかの判断は、他者の欲求を充足させる行動を含んだジコチューであるかどうかによると言えるのではないでしょう か。

この例としては、世界各地の聖火リレーでは、五星紅旗(中国国旗)だけをもった中国の若者が集まりました。これでは他者の欲求を充足させるようなものでは ないですね。目的はオリンピックなのです。オリンピックの旗とともに、あるいは各国の国旗とともに五星紅旗を振るのでしたら、各地で歓迎されたのではない かと思います。そして林氏にジコチューだと言われる事もなかったはずです(笑)

一方、愛国心とは何でしょう?これは、国の名誉や存続にかかわる行動、と考えてよいのではないでしょうか。となれば、他者の欲求を充足させる行動を含んだ、国の名誉や存続にかかわるジコチューな行動と解してよいのだと思われます。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim