忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2004年8月18日:初出し
2008年(平成20年)4月19日(土):旧ブログより移動
-----------------------------------------------------------------
日本の民俗文化では、台所のコンロの傍に「神様」を祀る慣習がある。これを「竈神」と呼ぶ。地方によってその呼称は異なり、沖縄では「火の神」と呼ばれる。

日本の民俗文化における「神」は、それなしには人類が生存できない、もしくは平穏な心を維持することができないほどに絶大な影響力を有する生物および非生物(天地万物)、と定義してよいものである。この意味では、「台所」「竈」「火」というのは、まさに「神」そのものである。

大昔の竈は三個の石からなる。この上になべなども置き調理したものだ。その三個の石が御神体であり「御三物」と呼ばれたりする(ウミチムンと琉球語では呼ばれる)。この三つの石で表されるものは何かというと「天」「地」「海」の大自然である。

そのような象徴は、現在では、水、塩、定期的に供えるご飯、少量の常緑樹でもって竈神としているようだ。沖縄では、これに香炉が加えられる。また、場合によっては、酒も供えられる。

このように台所、コンロ(火)を神とすることには、実際問題として、何か具体的な意義があるのかどうかということが問題であろう。しかし、研究してみると、かなり意義があるようだ。それは次の二つが基本的なことのようだ。

第一に、神を祀る場というのは、古今東西を問わず「清める」ということが常識となっている。ということは、台所を清浄に保つ、ということが自然に行われることとなるわけだ。

第二は、神を拝むことの意義である。これは宗教のいかんにかかわりなく、自分の心情の吐露が基本であろう。それを行うということは、自分の心を清浄にし、落ち着いた自分を作る、ということである。

上記の二つが自然に行われておれば、清潔な台所から優しいお母さんが毎日の食事を作る、という環境が実現される。これは家族成員にとってはまさに「神」で あると言えよう。それなしでは生きられないし、平穏な心を維持するなんてできやしないのである。この意味ではまさに「山の神」という表現がぴったりであ る。山の神とは(大辞泉、意味の3は省略)、

やま‐の‐かみ 【山の神】
------------------------------------------------------------
1 山を守り、支配する神。多く、女性神として信仰され、農民・狩猟民・鉱業者などに祭られる。→田の神
2 妻のこと。特に、結婚してから何年もたち、口やかましくなった妻。

多くの場合、我々には、台所や火、それに妻といったものが「神」であるという認識は、今では無いのが普通ではないだろうか。「神」と考えておれば、それを大切にし感謝するということは欠かせないものとなるが、そうではないのが現実であろう。

「神」に感謝を忘れると、神罰が下るともいえよう(笑)。大辞泉に言う、結婚してから何年もたち、口やかましくなった妻というのは、まさに神罰の一種であろうかと思われる。祟りである。

昨今の社会には、情報網が整備されたこともあると思われるが、種々の問題ひしめき合っている。特に子供の問題は最近は心が痛む人々が多いのではないだろう か。そのようなことの原因を考えていくとき、以上に述べたような意味での「神罰」あるいは「祟り」が根底にあるようなのだ。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 

▼ 大阪の友人に

火の神を持つことを進め、彼女も快く(?)行っているようですが説明不足があるかもしれないのでこのページをコピーしてメールしまーす。香炉などには抵抗があるかと思って、まずはガスコンロを拝むだけでも…と今はガスコンロが対象ですが、水、塩…など教えてみょうかと…

忍者ツールの観覧者の人数が楽しみですが増えてきてますね(^^)
56ae230e80 ひよこぶた || 2008年 04月 19日 土曜日 || 編集
▽ Re:大阪の友人に
本を紹介してよ(^^;

>忍者ツールの観覧者の人数が楽しみですが増えてきてますね(^^)

(^0^)
Dr.MataYan || 2008年 04月 19日 土曜日
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim