忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2004年9月17日:初出し
2008年(平成20年)4月21日(月):旧ブログより移動
------------------------------------------------------------------
前回からの続きを考えてみよう。

性自認は自分がどの性に属するかの認識である。この認識は先天的なものか後天的なものか。ジョン・マネーらのような人体実験的な結果は例数がないので、な んともいえないのが現実である。そんな状況であるにもかかわらず、フェミニズムはジェンダーフリーの根拠に取り入れたりしている。全く学問的姿勢がなって いないといえる。おっと、話がそれてしまった(^^

注意すべきことは、人間の自己「認識」のメカニズムである。自分が何者かであるかという認識は、常識的には、自分自身で決めることはできないものである。 他者とのかかわりを通して認識していくはずのものである。この辺の考え方が、性自認は後天的であるとするところのものであろう。

もし先天的であるのなら、何某かの原型・元型(笑)的なものが、構造化されていることになる。このあたりのことは、ここにまとめられている。

いずれにしろ、よく分かっていないのが現状である。このような中で何が言えるのか。何も言えるわけがない。しかし、人体実験は不可能であるから、残された道は心理的なアプローチのみである。

事例としては、例えば、自分の生物学的な「性」は「女」であることを認識しながらも、それを嫌悪し自傷行為などに至ったりすることがある性同一性障害と呼 ばれるものは、心理・家族療法可能な事例が存在することを考えると、後天的に定まるといえる要素もまたちゃんと存在するようである。

ひとつの見方としては、脳科学と心理学ではアプローチ方法が全く異なり、アプローチに必要な学問的方法も異なり、という事情があるので、別個に切り離して検討すべきではないだろうか。そして、成果が上がり次第突き合せてみればよいのである。

心理学においては、心性単一性の仮定を前提とするのが普通である。人間の心的装置は時代や文化を越えて人間に固有であり、同時にすべての人間に関して基本 的に同じであるする前提のことである。ということは、心理学的には、男も女も同じ心の構造を持っていると考えるわけである。

ちょっと話はそれるが、文化心理学と呼ばれる分野においては、この心性単一性の仮定をおかない考え方をする傾向が見られる。京都大学の北山らがそうである。東西の文化比較を行ったりしているが、実際には、この論文に示されていることは、心性単一性の仮定を採用しても可能なことである。このことはいずれ述べる予定である。

話を元に戻そう。心的装置が男も女も同じものであると仮定するなら、日常生活で見聞きされる男らしさ、女らしさというものが、どのような形で形成されてい くのか、ということを明らかにする必要がある。明らかにした上で、例えば性同一性障害などに適用して良い結果を得ることができるならば、後天性であること のひとつの妥当性を得ることができる。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL
 内田樹(うちだ・たつる)のブログ、毎日1万位ヒットするとのことである。並の人気タレント以上ではないか。5年以上も前には覗いたこともあるが、書籍になるのでそれを読むことにしている。  大学教授にしては変に学識だけに偏らず、ごく普通の視線から繰り出すフレーズの数々、他では味わえない知性に魅せられる方が多いということだろう。だから、本になっても教養書の割にはよく売れ、次々に新刊がでるということにつながる。  ぼくの経験からも、学者の中には失礼だが、人格破綻、変人、専門的偏執者が少なくない。...
つき指の読書日記 || 2008年 04月 22日 火曜日

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim