忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2004年9月16日:初出し
2008年(平成20年)4月21日(月):旧ブログより移動
-----------------------------------------------------------------
今年の5月にアメリカでデビッド・レーマー(38歳)が自殺したと報じられた。それは、

一九六五年、彼は男児の一卵性双生児としてカナダで生まれた。生後八カ月の時、受けた包皮切除手術が失敗。悩んだ両親はジョンズ・ホプキンス大学病院を訪ね、当時、性科学の権威として脚光を浴びていたジョン・マネーの勧めで、性転換手術を受けさせることを決意する。 

六〇年代当時、半陰陽の成人に対する性転換手術は盛んに行われていたが、正常な男児を女児に性転換したという例はなかった。マネーはこれまでの半陰陽者の 研究症例から、「男か女か」という性意識は生得的なものではなく、生育後の環境が性を決定すると仮説を立てた。男か女かという性のアイデンティティーが確 立する、性の自己認知の門が開かれている二歳までであれば、性を自由に変えることができると主張していた。

マネーが自説の正当性を証明するためには、正常な性器と神経系統を持った男児に性転換手術を行い、成功事例を得る必要があった。当時、これは医学的な冒険だった。マネーの言葉に説得された両親は、六七年夏、一歳十カ月の双子の兄を医学的実験に委ねることとなった。

当然、男の子を女の子として育てるという医学的実験は、マネーの理論通りには展開しなかった。性転換手術の後、両親はブレンダと名付け、ドレスや人形を与 え、懸命に女の子らしくつくり上げようと試みたが、しばしば男の子っぽいふるまいに悩まされ続けたという。後に「双子の症例」の欺瞞(ぎまん)を暴いた衝 撃の書・『ブレンダと呼ばれた少年』(ジョン・コラピント著)で、双子の弟のブライアンは「ブレンダにはまったく女らしいところがなかった」と後述してい る。女の子らしさをまったく欠いていたにもかかわらず、科学者マネーはブレンダの成長記録を正しく見ることはなかった。


というのもである。男(女)らしさ(ジェンダー)というのは、生育環境で決まるという考え方が否定されるような結果となっている。日本のフェミニズムで は、ジェンダーは社会的・文化的に決定されるものとし、それは解消可能であるとするジェンダーフリー論が盛んであるが、これも、この結果からすると大いに 疑問である結果となるであろう。

その子の両親が女の子としてして育てるという努力を「性転換手術の後、両親はブレンダと名付け、ドレスや人形を与え、懸命に女の子らしくつくり上げようと試みたが、しばしば男の子っぽいふるまいに悩まされ続けたという」が、果たしてジェンダーとはその程度のことで決定できるものかどうか、きわめて疑問である。また、デビッドに性転換手術を行ったジョン・マネー医師は、『ブレンダと呼ばれた少年』の著者コラピントによれば、

マネーの原体験についてこう書いている。「鳥を無慈悲に殺す父親を見て、『野蛮な男らしさ』に 対する嫌悪感を生涯抱き続けた」と。八歳の時、父親の死以後、母親や未婚の叔母に囲まれ、女性的な環境で育てられたマネーは、「私は自分が男であることに 罪の意識をおぼえ、苦しんだ」と吐露。さらに「家畜だけでなく、人間の男も誕生時に去勢されたら、世界は女性にとってより良い場所になるのではないか」と 記し、自分の性に強い否定感情を抱いていたと思われる。

ということであるようだ。このような環境の中で苦しんだであろうマネー自身が女としての性自認があるのならば、環境によって簡単に変わりうると言えるかもしれないが、どうやらそうではないようであると考えられる。

デビッドのようなケースが他にないものかというと、そうでもないようである。ジョン・コラピント著「ブレンダと呼ばれた少年」についてによれば、

マネーの実験が失敗に終わっていたことが明らかになって以来、「性自認は生まれつき決定されて いる」との説が有力となっているが、これにも反例は存在する。例えば、Bradley SJ, Oliver GD, Chernick, AB, Zucker, KJ (1998). "Experiment of nurture: Ablatio penis at 2 months, sex reassignment at 7 months, and a psychosexual follow-up in young adulthood." Pediatrics, 102(1): e9. によると、ブルースと同じく割礼時の事故でペニスを失った男児が手術を受けて女児として育てられた例で、ブルースとは逆に26歳となった今も普通の女性と して生活している(性自認が女性である)人もいる。

ということもあるようなのだ。となると、性自認の問題は、まだまだ決着がつくものではないといえる。どのようなことで性自認は決まってくるのであろうか・・・このことを考えてみることとしたい・・・
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim