忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2008年1月14日 初掲載
2008年1月15日 一部追加
2008年1月16日 曲を追加
2008年1月17日(木) 三大行進曲を追加
2008年(平成20年)3月24日(月):旧ブログから移動
-----------------------------------------------------------------
日頃から、日本文化に基づいて西洋心理学を咀嚼する、というスタンスで毎日を生きているけれども、最近では、西洋文化と日本文化は統合可能であるように確信できる・・・妄想でないことを願うのであるが(^^; 

西洋文化は、ロゴス、父性文化であり、日本文化はエロス、母性文化であると、大雑把には言えるであろう。エロスとロゴスは、”人間”を考えるならば、それは別個に存在するものではなく、一人の”人間”に統合されているのが本来の姿であろう。

西洋と日本(東洋)の文化は、従来は多くの心理学者が考えてきたように、対立的に捉えるのではなく、統合されるべきものであると考えるのが良いのではないだろうか。いくら理性的、理知的であっても、情緒的な面での安定を欠いた人間は、いただけるものではない。また、情緒的には安定してても、理性的、理知的でなければ、何の役にも立たないといっても良いだろう・・・。

いきなり話が飛んでしまうが、この西洋と日本を統合したものの例として、軍艦行進曲(マーチ)があるのではないか?西洋的な音楽手法にのっとりながら、日本的な主題も見事に表現しているといえるのではないか?僕は音楽には疎いのでなんともいえないが、そんな感じがしてならない。

心理学における父性なるもの、すなわち西洋的なるものは、河合隼雄や斎藤学らが考えるように、母性的関係を断ち切るものという考えは稚拙に過ぎると思われるのである。断ち切る必要などはどこにもないであろう。融合ないしは統合が当たり前ではなかろうか。軍艦行進曲など軍歌は、西欧列強の仲間入りを果たしたい、果たさねば植民地化の運命が待っている、といった当時の脅迫的ともいえる心理状況をよく表現しているように思われる。そこには、西欧化は果たしても、精神は日本であること、和魂洋才の考えが良く現れているように感じるのは、ひとり僕の妄想なのだろうか?

さらに余談ではあるけれども、岩手県立盛岡第一高等学校の校歌は、その旋律は”軍艦行進曲”であるという・・・。
http://hakua45.web.infoseek.co.jp/omoide/gunkan.html

軍艦行進曲全曲・全歌詞・独唱付(なかなかG)

ところで、どこの誰がそう決めたのか判らないが、軍艦行進曲は、下記のドイツの旧友(Alte Kameraden)行進曲(ナチ政権時代(^^; 我々の運動会の行進曲と馴染みが深い)、アメリカの星条旗よ永遠なれ(Forever, Stars and Stripes) とともに、世界三大行進曲と言うそうだ。

下記の星条旗よ永遠なれのピッコロソロは、ブラスバンドのフルート・ピッコロ奏者にとっては(^0^)。ぐはは(^^; 懐かしいのだ(^0^)
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim