忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ここ2~3日、早稲田大学理工学部名誉教授・大槻義彦博士(物理学)のサイトを見る機会が多かった。これは、今月8日から、ZAKZAKの記事を見てから始まったことだった。それで、大槻義彦VS江原啓之というエッセイを行くか掲載し、大槻教授のブログ記事へトラックバックをつけた。さすがに、多くの人のアクセスがあるようで、そこから経由して当ブログへの来訪者が、300余件、翌日には600余件となるほどだった。残念ながら、来訪者は多くとも、足跡を残していただけてないので、当ブログの内容にどう思われるのかが全く分らないところがイタイ。大槻教授は、オカルトとスピリチュアルを同じにみなしておられるような気がするが、それは違うのではないだろうか?

辞書を見てみよう(Yahoo辞書)。

オカルト:神秘的なこと、超自然的なこと
スピリチュアル:精神的な、霊的な

という意味だ。すると、オカルト=スピリチュアル となるのは、それらが名詞形なのか形容動詞形なのかといったことは無視して(笑)、霊的=超自然的 となるということなのだろう。しかし、これだからといって、オカルト嫌い・・・科学主義・・・となるのは、どうなんだろう?オカルトだって、人間が関与し、しかもオカルティックなものに多くの人が寄り付き騒ぐという現象があり、かつ、根拠レスな霊感商法など、いわゆる騙される人が出てくる、というところが正義感の強い人を刺激するのだと思う。

しかし、オカルトに群がる人は、皆が皆、悪質なものに騙されながらもついていっているというようなものではないだろう。そこまで人間はバカではなかろうと思うのだが・・・。しかし、妖しい宗教団体となると、興味半分で入会しても、脱会しようとすると自由意志に基づくことが出来ず、強迫されたり、精神的に疲労困憊するほどにオルグをを受けたりと、法外な寄付を要求されたりと、・・・、色々とあるわけだ。

例えば、科学・技術の世界でも、車社会になれば、便利にもなるけれども事故により使者が出たりして、負の側面は現れるものだ。これはなんにしたってそうだろう。このように考えると、いったい、何人の人があるオカルトに参加・関与し、いったい、そのうちのどのくらいの割合の人が被害を受けるという形になるのだろうか。

また、そういう被害者が出ながらも、それが続いていくということは、信奉者も出るからであるが、それは、何かに困った人が助けられるということを経験したか何かで、信頼関係で結ばれているからではなかろうか。これは、祖先祭祀システム、祖先崇拝、アニミズム、シャマニズムを研究する中で、必然的にユタと呼ばれる霊能者とのかかわりもまた大きかった経験からすると、まさにそのようなものであった。

したがって、もう四半世紀以上も前のことになるが、ユタをなぜ信じるか?とかいったことが、沖縄県内では、沖縄社会学会でのシンポジウム、長期にわたる新聞紙上での論争などが行われたが、大槻義彦名誉教授VS江原啓之スピリチュアルカウンセラーとの関係も、まさに昔の沖縄の状況を髣髴させるものである。そんなこともあり、多少の興味を引かれるのである。既に経験済みのことでもあるので、ネットで知れる限りの情報に対して、色々とコメントをして行きたいと考えている。(遊び半分でもあるが(笑) お叱りを受けないことを(^^;)。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim