忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


セク・ハラは、セクシュアル・ハラスメント sexual harassment の略で、性的な嫌がらせのことである。それは、

労働や教育など、公的な文脈における社会関係において、他者を性的対象物におとしめるような行為を為すこと。特に、労働の場において、女性に対して、女性が望んでいない性的意味合いをもつ行為を、男性が行うこと。性的いやがらせ。性的脅迫。三省堂提供「大辞林 第二版」

である。(個人的でなく)社会的文脈において性的な言動をとるときの問題である。社会的文脈というのは、簡単に言えば、勤務時間中にということだ。勤務時間中に性的関係を持とうとするのは、両者(当該男女)が合意であろうがなかろうが、そもそもの勤務態度に問題があると言わねばならないだろう。しかし、多くの場合には、女性の人権問題として語られることが多い。しかし、実際には、発生件数は少なくとも、男性→女性 と決定的なものではなく、女性→男性 ありうるものなのだ。



以上のことを心理的問題として考えてみよう。

性的な言動というのは、心理的には、相手に対し心理的に一体化したいという「甘え」の感情の発露である。公的な場で「甘え」の感情を出すということは、通常では「恥ずかしさ」を伴うので、性的な言動や行為は抑圧されているのが普通である。

ところが、「恥知らず論」で述べているように、性的な言動に「甘え」が付着していない生い立ちを持つと、「恥ずかしさ」による抑圧が生じないので、言動が公的な場においても表面化しやすいということになる。これは男女に共通のことであると考えられる。

しかし、男が思春期以来経験する、<射精>-<性的快感を覚える>-<「男」であることの証として学習>という現象があり、これは繰り返し発生する現象であるから、この三つの要素は条件反射を形成すると考えられる(条件男性反射)。また、女は思春期以降、<月経>-<不快感>-<「女」であることの証として学習>という現象があり、この三つの要素も同様に条件反射を形成すると考えられる(条件女性反射)。ここには明らかな男女の違いが見られる。

男性は「男」を意識することで性的快感を覚えたい衝動に駆られる、という性質を持ち、それは快感であるので、日常生活において不快感を覚えることが多ければ、それを補償するかのように、衝動が強くなり、理性による統制を失ってしまうことがあると考えられる。これに対して、女性は「女」を意識すると不快感を伴うことになることが多いということになる。

以上の状態を考えると、恥知らずの心理状態に男女双方があるとき、男を意識することで快感を覚える男性の方が行動化しやすいということになる。社会的文脈における性的言動は、男性の方が女性よりも発生しやすいということになる。この意味では、セクハラは男性から女性に対して起こりやすいということなのだ。セクハラに関しては、以上のように根源的な男女の違いがあることに注意する必要がある。

「男」は、「女」が存在する場では、欲求不満という不快感を強く覚えれば覚えるほど、それを補償する衝動がこみ上げてくるような生き物である。このような状態において、男女が入り混じることは、男にとっては、何某かの目的に向かって邁進する(欲求不満を覚えやすい状態)ためには、「女」という存在は、それを妨げるような存在となりやすいわけだ。このようなことがあるため、男女七歳にして席を同じゅうせず、とか、女人禁制、といったことを文化として作りあげてきたのではないかと考えられる。

このようなことを考えると、セクハラ問題は単に法律的に定めるだけでは、どうもいけないような気がする。色々な問題が関係してくるが、少なくとも、男女双方が相互の心理をよく知る必要があると言えよう。「男」は「女」に対しては常に理性的であることの努力が必要であろうし、「女」は「女」として存在するだけで、「男」にとっては理性的集中を妨げる存在であることをに注意する必要がある。

セクハラ問題の発生を最小限に抑えるためには、公的な場では、男女を分けることが最も簡単なことではないだろうか。男女をどうしても一緒にしなければならないのであれば、そういったリスクを良く考えなければならない。闇雲な男女同席は、男を問題発生に追い込みながら男を取り締まる、といった不条理な状態になったりするのだ。女性にとっても同じであろう。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim