忍者ブログ

= まぶい分析学 Mabui Analysis =

「まぶい」とは琉球語で「たましい」という意味です。琉球語は古代大和語と深い関連があることが分っています。したがって、琉球語で語られる精神世界は、古代大和から連綿と続く日本人の精神世界を表し、いわば、日本人の心の源流であると考えられます。このような日本文化と西洋諸心理学を融合、体系化することが出来、これを「まぶい分析学」と呼んでいます。まぶい分析学の命名は、姫路獨協大・實川幹朗教授によります。記して感謝。 まぶい分析学と精神分析や分析心理などの他の心理学との違いは、分析と同時に治療法が提示されること、家族療法として主婦が修得すると家族成員に対しても効果を発揮することです。なお、http://matayan.ti-da.net/ にミラーサイトを準備しています。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2008年(平成20年)3月22日(土):追記があります。緑色で示しました。
------------------------------------------------------------------
琉球文化の精神分析第一巻~第三巻(月刊沖縄社刊)を改訂・増補して、新規に東洋企画印刷から、まぶい分析学講義として、第一巻~第三巻を発刊予定です。そのために、色々と参考にすることを目的として、いろんな御意見を集めています。直接持ってきていただいてもありがたいです(^0^)

ここにネット上で、位牌継承問題についての意見が書かれていましたので、これを紹介し、著作する上での問題点を明らかにしたいと思います。

このブログの筆者はWanさんというようですが(沖縄語で”自分”という意味です)、位牌継承を次のように捉えています。

---ここから引用---

位牌継承基本的事項その1

1.親の位牌は長男が引き継ぐ。
2.位牌継承と財産継承はOne Set。
3.女性は、位牌継承を行えない。

---引用ここまで---

で、僕の本も参考にして学習されたようです。その一覧は、

---ここから引用---

参考文献
○沖縄の御願ことば辞典  高橋恵子著
○琉球文化の精神分析シリーズ  又吉正治著
○親祖先たちの民間信仰 沖縄の冠婚葬祭・拝詞帳 渡口初美著 
○沖縄・冠婚葬祭の手引き  那覇出版社
○ユタと霊界の不思議な話  月刊沖縄社 
○お経の本  学研 
○高橋信次・心と人間シリーズ多数

---引用ここまで---

です。でも、残念ながら、僕の著書がいうことは無視されています。僕の著書がいうことは、他のサイトを見ると、例えば(追記:以下のヤマトンチュ嫁さんに理解していただけたことをほんとにうれしく思います)、

---ここから引用---

http://bbs10.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=namane&mode=view&no=7
日時: 2007/12/05 22:58
名前: ヤマトンチュ嫁

こんにちは!はじめまして☆

トートーメで検索をかけましたら、こちらの掲示板がヒットしました。私は本土の長男の嫁です。メル友に沖縄の長男・長男の嫁が何人かいまして、トートーメの話が出ました。

その話の中で、又吉正治氏の琉球文化の精神分析 トートーメの継ぎ方3という本を教えてもらったのですが、どこを探しても売っていません。先に、メル友にコピーしてもらった内容を見たら

>なぜ女は継げないのか

というのが書いてありました。中身をじっくり読んでみると、子孫に問題が起きたり、独身で継ぐ羽目になった女性は結婚が出来なくなるからだと書いてありま した。この結婚が出来なくなるのは、自分に財産があるから、相手の男が、実際自分を愛しての結婚なのか?それとも財産目当てなのか?と悩み苦しむからだそ うです。読んでいて確かにそうだなと思いました。また、妻に実権が移り結果婿殿の居場所がなくなり、夫婦に亀裂が入ることが多いとも書いてありました。

上の方に「女が継いではいけない」とありましたが、違うようです。本当の意味は、女が継ぐ場合は問題が起きるから、その覚悟と注意が重要になるという意味 らしいです。また祟りのことも書いてありましたが、霊的なものではなく、上記のような不安や悩みが子に受け継がれてしまい、その結果として問題が起きて、 それを昔の人は理由が解明できないので祟りと呼んだというのもかいてありなかなか納得だなと思いました。

実際の本を探しているのですが、(沖縄の古本屋さんも探してみました)なかなか見つからないでサイトを彷徨っている所存です。よろしくどうぞ。

---引用ここまで---

が正しい理解です。せっかく研究をし、著作をしても、理解してもらえないほど、虚しいものはありません。より多くの人に正しく理解していただけるような著作としたいと思います。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 

▼ 疑問

トートーメーは位牌ではないと主張しながら、このエッセイの中では、トートーメーと位牌は同義であるかのように使用されているではないか!(笑)
99b5477235 NONAME || 2008年 03月 22日 土曜日 || 編集
▽ Re:疑問
ぶっ(^^; 御指摘有り難うございますm(_ _)m。
物の名前としては、位牌は小さな木片、トートーメーは、その木片を並べて収容する木枠、であるわけです。実際に祭祀に使われている場合、そのトートーメーには位牌が入っているわけですから、位牌を継ぐともいえますし、その位牌が入っているトートーメーを継ぐと言っても、どちらも同じことになりますね(^^; あ!実際の使用法からすれば、位牌もトートーメーも同義ということになりますね!ということで、僕も知らずのうちに使っているのだと思いました。有り難うございました!
Dr.MataYan || 2008年 03月 22日 土曜日
TBURL
記事URL

メーリングリスト

まぶい分析学の研究・支援・雑談などを目的としています。関心ある方はお気軽にご参加下さい。誰でも自由に参加、退会ができます。参加費は無料です。

現在の訪問者

カウンター

プロフィール

HN:
Dr.MataYan
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/08/09
職業:
日本文化の心理学と家族療法研究会主宰
自己紹介:
◎工学士(静岡大学、電気工学、昭和45年)
◎医学博士(東京大学、医用生体工学、昭和55年)
◎荻野恒一慶応大学客員教授に文化精神医学・精神分析を師事・共著:沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)に見る家族療法の機能、理想、628号。
◎臨床心理士(平成2年登録、なお、この肩書きを維持することへの疑問を感じたので、平成7年には再登録を停止した)

〒904-8799
沖縄郵便局私書箱第205号
日本文化の心理学と家族療法研究会
電話 090-1940-0525
電子メール postmasterに@を続けてその後にmatayan.comと書く

最新コメント

[07/04 K]
[06/15 negaihakanau]
[03/19 じゅんさん]
[03/18 WBC]
[03/14 小泉]
[12/28 ビバ!日本!]
[10/26 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[10/05 ひよこぶた]
[09/25 ひよこぶた]
[09/19 damedakorea]
[06/27 次郎]
[06/27 次郎]
[06/15 さとー]
[05/23 damedakorea]
[05/23 次郎(誤字担当)]
[05/15 次郎]
[05/08  みーたん]
[05/02 ビバ!日本!]
[05/02 ビバ!日本!]

Pingoo配信状況

currentBlogList
Pingoo!

ブログ内検索

BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

忍者ポイント広告

ブログ解析

バーコード

アクセス解析

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) Dr.MataYan. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim